「ホットチョコレート」と「ココア」と「カカオ」の作り方の違い

寒い季節、「ホットチョコレート」と「ココア」を飲むという人も多く、定番の飲み物として愛されています。

 

喫茶店でも家でも気軽に飲むことができる「ホットチョコレート」と「ココア」ですが、何が違うのでしょうか。

 

カカオが違うのではないかと不思議にも思いますが、「ホットチョコレート」と「ココア」の違いについて詳しく説明をします。

 

「ホットチョコレート」と「ココア」と「カカオ」の違いとは?

どれも美味しい「ホットチョコレート」と「ココア」ですが、それぞれ何が違うのでしょうか。

 

そこで、一つ一つ詳しく説明をします。

 

「ホットチョコレート」とはミルク、チョコレートで作られる飲み物で、ココアバターをより含んだクーベルチュールチョコレートから作りますが、フランスでは「ショコラショー」と呼ばれています。

 

「ココア」とはカカオマスから一定の割合のココアバターを分離した固形分またはその粉末ココアパウダーの略称であり、ココアパウダーに砂糖、乳製品を加え、より飲みやすくしたものが調整ココアです。

 

「カカオ」とは    カカオ豆はチョコレートやココアの主原料で、カカオの樹の果実の中にある種子のことで、カカオの学名は、「あおぎり科テオブロマ属カカオ」です。

 

こうやって見ると一つ一つ違う事が改めて分かります。

 

「ホットチョコレート」と「ココア」と「カカオ」の効果が素晴らしい!

どれも「カカオポリフェノール」、「カカオプロテイン」が含まれているのですが、これらにはさまざまな効果があります。

 

その効果は

 

血圧低下

 

動脈硬化予防

 

美容効果

 

アレルギーの改善

 

脳の活性化

 

便通改善

 

です。

 

積極的に摂取していくことで、効果をより発揮していきます。

 

そのため、毎日食べているという人もいれば、仕事の合間に摂取しているという人も多いです。

 

どれも素晴らしい効果ではありますが、食べ過ぎは逆効果になってしまうので注意が必要です!

 

自分に合ったチョコを食べましょう!

ホットチョコレートとココアの違いはカカオバターを取り除いているかによって変わってきますが、厚な味が好きな人はホットチョコレートがおすすめで、どちらも適度な甘さが心もカラダも元気にしてくれますが、世界にはとても多くのチョコが出回っており、カカオパウダーを作ったモノが多いです。

 

自分に合ったチョコを見つけて積極的にチョコを摂取していきましょう。

 

まとめ

積極的に「ホットチョコレート」と「ココア」と「カカオ」を摂取していくことが好ましく、摂取することで、良い効果が多く期待されます。

 

毎日食べることでより効果がありますが、食べ過ぎないように注意をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました