「可否」と「可不可」と「是非」と「要否」と「有無」と「適否」と「能否」の意味の違いと使い方


どれも参加をするのか、しないのか、可能なのか不可能なのかと相手に問う際に使われる言葉で、日常生活においてはほとんど使われないものの、ビジネスシーンにおいてはたびたび聞くことがあります。

 

一度は聞いたことがあるという人も多いのですが、「可否」と「可不可」と「是非」と「要否」と「有無」と「適否」と「能否」の違いとは一体何でしょうか。

 

そこで、一つ一つ意味や違いについて説明をします。

 

「可否」と「可不可」と「是非」と「要否」と「有無」と「適否」と「能否」の違いとは?

 

どれも相手に問う言葉ではありますが、一つ一つどんな意味があるのかを調査してみました。

 

「可否」とはよしあし。よいかよくないか、賛否。賛成と不賛成。可決と否決といった意味があります。

 

「可否」は「そうすること、そうであることが良いか良くないか、または賛成か反対か」を表す語でもあります。

 

「可不可」とは可能か、不可能かといった身です。

 

「是非」とは正しいか、正しくないか。道理にかなうこととかなわないことを意味します。

 

「要否」とは必要か、不必要であるかという意味です。

 

「有無」とはあるのか、ないのかといった意味です。

 

「適否」とは適しているかそうでないかということを意味します。

 

「能否」とはできることとできないことを意味します。

 

それぞれ意味がありますが、違いについては目的によって異なります。

 

どれが一番使われるのか?

 

それぞれ意味や違いについて説明をしましたが、「可否」と「可不可」と「是非」と「要否」と「有無」と「適否」と「能否」の中でも特に使われる言葉とは一体何でしょうか。

 

そこで、ビジネスシーンにおいて最も使われる言葉の中で相手に問うシーンについて調査をしてみたところ、「可否」と「可不可」と「是非」と「要否」と「有無」と「適否」と「能否」の中で最も使われる言葉が「可否」であることがわかりました。

 

「可否」は飲み会や何かのイベントの時に最も使われる言葉であり、定番の言葉でもあります。

 

そのため、人目見ただけで何を聞いているのか、どうやって返せばよいのかが分かりやすくなっています。

 

その他の言葉で参加をすることができるのか、できないのかをどうかを聞く際に使うということはあまりないです。

 

相手に伝わりやすい言葉を使いましょう!

 

ビジネスシーンにおいて言葉というものはとても重要で、しっかりと使い分けることで相手に不快感を与えずにスムーズに会話をすることができます。

 

そのためにも、「可否」と「可不可」と「是非」と「要否」と「有無」と「適否」と「能否」の違いや意味についてしっかりと理解をしておくと共に、それぞれ場面によってしっかりと使い分ける必要があります。

 

しかしながら、一番重要なのは「相手に伝えること」であり、同じような意味合いの漢字でも相手に伝わらなければ意味がありません。

 

そのためにもビジネスシーンにおいては「可否」を使うことが好ましいです。

 

まとめ

 

ビジネスシーンにおいて参加ができるのか、できないのかについて効く際に「可否」と「可不可」と「是非」と「要否」と「有無」と「適否」と「能否」を使い分けている会社も多くありますが、一番重要なのが相手に伝わるのかどうかということです。

 

自分にとって一番伝わりやすいのはどれか、すぐにわかり易いのはどれかを理解をしておくと、いざという時に使い分けしやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました