どれが美味しい?「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」の違い


寒い季節になると鍋を食べるという家庭も多いのですが、その中でも特に定番の食べ物といえば「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」です。

 

冬の定番の食べ物なのですが、「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」の違いは一体何でしょうか。

 

そこで、「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」の違いについて説明をします。

 

「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」の違いは?

同じカニで、見た目も似ていることから「名前こそ違うものの同じなのではないか」と思っている人も多いのですが、「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」の違いは一体何でしょうか。

 

そこで、「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」の違いについて説明をします。

 

「ズワイガニ」はズワイガニは深海に生息しており、甲幅はオスで14cm、脚を含めると70cm程の大きさがあります。

 

メスはオスよりも小さく、甲幅はオスの半分ほどの7cm程度となっており、ズワイガニの甲羅には黒いツブツブが付いているのが特徴です。

 

「タラバガニ」は日本での主な漁場はオホーツク海で、水温の低い地域ほど浅い場所に生息している傾向にあります。

 

タラバガニは繊維質が硬く、旨みや甘みは弱いのが特徴で、生食には向かないです。

 

「毛ガニ」は名前の通り、殻は短い剛毛で被われており、北西太平洋に分布しています。

 

身が柔らかく、しっかりとしたカニの味があるのが特徴です。

 

どれが一番美味しいの?

「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」の違いについて説明をしましたが、冬の定番とも言われるカニですが、その中でも特にどれが美味しいのでしょうか。

 

やはり、こればかりは厳選も必要になってきますが、「ズワイガニ」なのではないでしょうか。

 

とても安い値段で購入をすることが出来るだけではなく、刺身、カニ味噌どちらも美味しく食べることができるようになっています。

 

タラバガニは「活き」が手に入ればカニ味噌も食べることができ、刺身でも美味しく頂くことが出来るのですが、何といっても「活き」を手に入れるのはとても難しいのです。

 

インターネットでも購入が出来ます!

カニの美味しい場所はどこにあるのか、実際に行ったほうが良いのではないかと思ってしまっている人も多いのですが、実際にカニはインターネットの通販サイトでも気軽に購入をすることができるようになっています。

 

購入をする際はきちんと評価やレビューを見る必要があり、産地もこだわる事が大切なのですが、どれも美味しくいただくことができ、比較的に安い値段で手に入れることができます。

 

まとめ

冬の定番のカニですが、「ズワイガニ」と「タラバガニ」と「毛ガニ」のそれぞれの違いについて理解をすることができたのではないでしょうか。

 

どれも美味しいのですが、やはり「ズワイガニ」はとても人気が高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました