学校でよく聞く「科目」と「教科」と「費目」の意味の違い


中学や高校の授業などで一度は耳にしたことがあるという人も多い「科目」と「教科」と「費目」ですが、どちらもよく使われる為、非常に馴染みのある言葉でもあります。

 

しかし、小学生では「教科」だったのに対し、中学生からは「科目」に変わって不思議に思ったという経験を持つ人も多く、「科目」と「教科」と「費目」の違いとは一体何かと疑問に持たれる人も少なくはないです。

 

そこで、「科目」と「教科」と「費目」の違いについて説明をします。

 

「科目」と「教科」と「費目」の違いとは?

 

それぞれ学校生活において必ず聞く言葉ではありますが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

「科目」とは学問の区分。特に、学校で教科を分野別に分類したもの。課目であり、「国語」という「教科」の中に「国語総合」や「現代文」、「古典」などがありますが、これは「科目」に当てはまります。

 

「教科」とは学校の教育で、児童や生徒が学習する知識や技術を系統立てて組織した一定の分野のことで、「教科」は国語や数学などのことです。

 

「費目」とは基本的に費用に関する一般的な区分単位、「勘定科目」は表示上の区分単位です。

 

単位と言い換える人も多いのですが、「費目」の範囲は原則として費用に限られるところです。

 

英語では何と言うの?

 

それぞれ意味や違いについて説明をしましたが、「科目」と「教科」と「費目」を英語では何というのでしょうか。

 

そこで、英語訳について説明をします。

 

「科目」は英語で「subject」と表記をし、読み方は「サブジェクト」になります。

 

「教科」はこちらも英語で「subject」と表記をし、読み方は「サブジェクト」になります。

 

「費目」は英語で「Expenses」と表記をしますが、単元においては「unit」と表記をします。

 

「科目」と「教科」においてはどちらも同じ意味であり、同じになります。

 

ただし、場合によっては「教科」は「curriculum」と表記をし、「科目」は「course」と表記をする場合があります。

 

学校によっては表記の仕方が違う!?

 

小学校や中学校においては単元や費目という表現がされないのですが、高校では「科目」と「教科」を使い分けているところが多くあります。

 

これは、「教科」は国語や数学など大きく分けたものではありますが、高校になるとより迫った分野になることがあります。

 

そういった場合に、教科をさらに細分化したのが「科目」という表記をします。

 

そのため、小学校や中学校では「教科」だったのに、高校生になってからは言葉が変わるということはよくあることなのです。

 

まとめ

 

学校で一度は聞いたことがある「科目」と「教科」と「費目」の違いや意味について説明をしましたが、実際に学校によって表記の仕方が違うということがわかりました。

 

それぞれの違いをしっかりと理解をし、今自分は「科目」と「教科」と「費目」のどれを行っているのかを理解をしておくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました