「香港」と「台湾」と「中国」の文化の違い

どれも一度は耳にしたことがある「香港」と「台湾」と「中国」ですが、一度は行ったことがあるという人も多いのですが、実際にそれぞれの違いについてしっかりと把握していないという人が多いです。

 

そこで、「香港」と「台湾」と「中国」の違いについて分かりやすく説明をします。

 

「香港」と「台湾」と「中国」の違いとは?

あまり違いについて分からないという人が多いのですが、3地域とも、都心の羽田空港からの飛行機が存在しており、西日本であればフライト時間はさらに短くなるのですが、台湾は完全に一つの独立国で、香港は1997年にイギリスから中国に返還されたので今は完全に中国の一部です。

 

そのため、中国に「香港」と「台湾」が含まれていると思えばわかり易いです。

 

しかし、台湾は完全に一つの独立国であり、独自の政府、国会、裁判所、軍隊、通貨、アイデンティティなど、独立国に必要な機能などを全て備えているため、独立国と言えるのですが、他国からの承認は得られていないのです。

 

「香港」と「台湾」と「中国」の言語は?

これから、「香港」と「台湾」と「中国」に行こうと思っている人の中でも特に気になってくるのが言語事情です。

 

前もって言語を知っているとスムーズに行きやすくなるのですが、「香港」と「台湾」と「中国」の言語は一体どうなっているのでしょうか。

 

中国、台湾は中国語ですが、香港だけは広東語なので注意が必要です。

 

国人と台湾人はお互いに会話ができますが、香港人とは会話ができないため、あらかじめ勉強をしておくことが大切です。

 

また、中国は簡体字と呼ばれる簡略化された漢字を使用していますが、台湾と香港は繁体字と呼ばれる伝統的な画数の多い漢字を使用している点も考慮しておく必要があります。

 

どちらも素晴らしい場所です!

言語や違いこそあるものの、「香港」と「台湾」と「中国」はとても素晴らしいところです。

 

日本人でも暖かく迎えてくれて、料理もとても美味しいです。

 

そのため、海外旅行に「香港」と「台湾」と「中国」を選んでも一切問題はなく、充実した生活を送ることができるようになっています。

 

しかし、注意をしなければいけない点としてやはり、言語の違いや、お金の問題です。

 

中国のお金は毛沢東の顔がプリントされているのが特徴的となっており、日本語では「人民元」と言いますが、現地では「人民」「RMB」「CNY」「」「元」などと表記されていますが、台湾では台湾元を使用しており、孫文や蒋介石などの歴史人物以外にも、野球少年や科学の実験をしている子どもたちがプリントされています。

 

どちらも違うので区別をしておくことが大切です。

 

まとめ

知っているようで意外と知らない人が多い「香港」と「台湾」と「中国」の違いですが、知れば知るほど歴史や環境の違いが見えてきます。

 

旅行先としては素晴らしい場所なので、ぜひ一度足を運んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました