「地区」と「地域」と「区域」と「街区」の違い

宅建試験に向けて「地区」と「地域」と「区域」と「街区」の違いを勉強をしなければいけない時に、それぞれの違いや意味についてしっかりと理解をしておく必要があります。

 

意外と知っているようで知らない人も多いこの問題ですが、それぞれどう違うのかについて説明をします。

 

「地区」と「地域」と「区域」と「街区」の違いとは?

どれも似たような言葉の為、違いが分からない、同じなのではないかと思ってしまっている人もいますが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

「地区」とは土地の区域ということであり、ある一定の区画によって限界を設けられた範囲内の一帯の土地を意味しています。

 

「地域」とは、土地の区域の意味であり、ある一定の区域を限りとする一定範囲の土地のことです。

 

「区域」とは一般に区画された土地及び水面の広がりを意味しています。

 

しかし、どのような視野から区分されるかは法律によって様々となっており、道路法の「道路の区域」や河川法の「河川区域」は公物の地域的限界という視点から区域を分断したりします。

 

「街区」とは市街地を構成する単位で、日常的には、街路に囲まれた一区画という意味があります。

 

また、道路だけではなく、鉄道や河川などの恒久的な施設により分断された一つのまとまりを街区と言います。

 

場所によっては違う!?

普段当たり前の様に見ている場所が実は「地区」ではなかったという事がよくあったり、実は間違っていたということはよくあります。

 

場所によっては「地区」と「地域」と「区域」と「街区」のそれぞれの定義や法律によって異なることがあるので注意が必要です。

 

都市計画法でいえば、都市計画区域、市街化区域、市街化調整区域などの用語で「区域」が使われていますが、これらの区画がどのような視野から区分されるかは法律によって様々になっていたり、「地域」と「地区」は広さの概念によって異なってきたりと、しっかりと確認をしておく必要があります。

 

自分の住んでいる場所の確認をしましょう!

自分が住んでいる場所は「地区」と「地域」と「区域」と「街区」のどれなのかしっかりと把握をしていますか。

 

把握をしておかなければ万が一の時に、トラブルになってしまったり、上手く連携が取れないということにもなりかねません。

 

そのため、自分が住んでいる場所の確認をしておく必要があるのです。

 

「地区」と「地域」と「区域」と「街区」をしっかりと知っておくことで、その後の対応の取りやすさや連携のしやすさが大幅に変わってきます。

 

まとめ

当たり前の様に住んでいる場所が「地区」と「地域」と「区域」と「街区」のどれに当てはまるのかが分からないという人が多いのですが、それぞれ「地区」と「地域」と「区域」と「街区」の意味や違いをしっかりと把握しておくことで、安心して住むことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました