どう違う?「四十肩」と「五十肩」の違いと角度について


どちらも聞いたことがあるという人も多く、実際にある程度の年代になった人が急に肩に痛みを感じたとき、これは四十肩あるいは、五十肩なのではないかと疑ってしまうのですが、そもそも「四十肩」と「五十肩」とは一体何でしょうか。

 

そこで、詳しく説明をします。

 

「四十肩」と「五十肩」の違いとは?

そもそも「四十肩」と「五十肩」とは一体何でしょうか。

 

「四十肩」と「五十肩」はそれぞれ違うと思ってしまっている人も多いのですが、実は「四十肩」と「五十肩」に違いは一体ありません。

 

「五十肩」というのは医療用語として使われていますが、「四十肩」というものは医療用語には存在していないのです。

 

なぜ、「四十肩」があるのかと言うと、これは年代のことで、「気配りから」生まれた造語となっているからです。

 

そのため、それぞれ腕の上がる角度が違うのではないかと言われていますが、それぞれの角度に違いはないのです。

 

しかし、症状の重さによって、腕の上がる角度に違いが出て、腕の上がる角度が小さくなり、痛みを生じ洗髪することや吊革をつかむなど日常生活に支障が出きてしまうということはあります。

 

「四十肩」と「五十肩」の治療法は?

実際に「四十肩」と「五十肩」になってしまった場合の治療法はあるのでしょうか。

 

そこで、治療法について説明をしますが、まず初めに他の似た病気と間違わないように、整形外科でしっかり診断してもらう必要があります。

 

診断には問診、触診、レントゲンが行われますが、診断によって薬が異なったり、治療法が異なることがあります。

 

ですが、多くの場合は薬で治ったり、専門家に通い、家で行えるマッサージのアドバイスをしてもらったりと個人差によっては違うものの、治療法はあります。

 

しっかりと予防をしておきましょう!

どちらも年代だからといって「四十肩」と「五十肩」にはなりたくないですよね。

 

そのためにも日々しっかりと「四十肩」と「五十肩」の予防をしておく必要があります。

 

普段から適度なストレッチや体操を行い、筋肉や関節が固くなったり、血行が悪くならないようにしておくことが防ぐことが出来るようになります。

 

また、バラスの良い食事をとる、規則正しい生活をする、ストレスをためないということも大切で、しっかりと健康を意識して生活をすることで、「四十肩」と「五十肩」とは無縁の生活を過ごすことができます。

 

まとめ

どちらもなりたくはない「四十肩」と「五十肩」ですが、それぞれの違いについてはないということが分かりました。

 

「四十肩」と「五十肩」にならないためにも普段からしっかりと予防をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました