ドライイースト「赤サフ」と「青サフ」と「金サフ」の違い


パン作りには欠かすことができないインスタントドライイーストですが、インスタントドライイーストと言えば、やはり定番のフランスのサフ社を使っているという人が多いのですが、このサフ社のインスタントドライイーストに種類があり、「赤サフ」と「青サフ」と「金サフ」があります。

 

それぞれどんな違いがあるのか、どんな特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

 

「赤サフ」と「青サフ」と「金サフ」の違いとは?

どれも見た目からでは違いを知ることができず、色が違うけれども、中身は一緒なのではないかと疑問に思う人も多いのです。

 

そこで、一つ一つ説明をしていきます。

 

「赤サフ」とは糖分が12%までのリーンな生地に向いているとされていて、ビタミンCが添加されているもので、この「赤サフ」を使っている人が比較的に多いです。

 

「青サフ」は赤サフとほぼ同じで、ビタミンCが添加されていないため、糖分が低いパン生地に向いているのです。

 

「金サフ」は耐糖性のインスタントドライイーストとなっており、基本的に12%以上の糖分が入った生地に使用されている傾向にあるのです。

 

 

どれが一番美味しく出来るの?

それぞれの違いについて説明をしましたが、実際に「赤サフ」と「青サフ」と「金サフ」ではどれが一番美味しく出来るのでしょうか。

 

そこで、実際に作ってみた人達の意見を参考に調査をしてみたところ、パンの香りは、青サフが一番強く感じ、青サフが他の二つに比べて若干しっとりとした感じが強いです。

 

また、赤サフでも金サフでも差が出にくい結果が出ました。

 

そのため、極端な配合でなければ、赤サフか青サフのどちらかでも可能で、ビタミンCの添加が気になる方は、青サフを選ぶのがおすすめです。

 

インターネットで購入できます!

サフ社のインスタントドライイーストを購入したいけれども、なかなかお店には売っておらず、どこに行けば買いに行けるのかと疑問に思っている人が多いです。

 

そんな時はインターネットの通販サイトからこのサフ社のインスタントドライイーストを購入しましょう。

 

お店で売られているものよりも比較的に安い値段で購入をすることができるようになっており、インターネットでは売り切れてしまうということがほぼ無いため、安心してサフ社のインスタントドライイーストを購入することができます。

 

まとめ

パンを作る上で欠かすことができないインスタントドライイーストですが、その中でも有名なサフ社のインスタントドライイーストについて説明をしました。

 

どれも素晴らしいものですが、それぞれの特徴を生かしパンを作ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました