「葬式」と「葬儀」と「告別式」の意味の違いと服装など


弔いのための儀式には様々な呼び方が存在していますが、その中でも特によく使われるのが「葬式」と「葬儀」と「告別式」です。

 

一度は聞いたことがあるという人も多いのですが、それぞれどんな意味があり、どういった使い分けをするのでしょうか。

 

そこで、一つ一つ説明をします。

 

「葬式」と「葬儀」と「告別式」の違いとは?

どれも弔いのための儀式において使われますが、それぞれどんな意味合いがあるのでしょうか。

 

「葬式」とは火葬前後に行われる儀式のことです。

 

それと同様に「葬儀」も通夜の翌日、火葬の前に営まれる儀式のことを「葬儀」と呼びますが、どちらも同じであると一般的な理解ではありますが、多くは通夜の翌日に行われる供養の儀式を「葬式」と呼び、通夜、葬式火葬などの亡くなってすぐに行う儀式を「葬儀」と分けている傾向にあるのです。

 

「告別式」は宗教的な儀式を含まない葬式のことを指しており、無宗教で行われるお別れの儀式のことです。

 

ただし、場所によっては宗教的な儀式を含んでいても「告別式」と呼ぶ場合があります。

 

宗教によって異なります!

「お葬式」は、宗教儀式を伴う場合でも、無宗教葬の場合でも、どちらでも使える便利な言葉ではありますが、「葬儀」に関しては宗教によって大きく変わってくるので注意が必要です。

 

中には間違って使ってしまった為に怒らせてしまった、トラブルが発生してしまったという事はよくあります。

 

そのため、どの宗教なのかをしっかりと確認を取り、間違った言い方をしない様に注意をしなければいけないのです。

 

どれを使っても間違いではない!?

一般的に「葬式」と「葬儀」と「告別式」は曖昧とされており、これらのどれを使っても誤解を受けてしまうことはないのです。

 

そのため、仕事柄使い分けなければいけないという場合以外は特に気にせず「葬式」と「葬儀」と「告別式」を使っても良いのです。

 

ただし、宗教によっては「葬儀」の意味合いが異なったり、やり方が違うということもあるので、あらかじめどういった「葬儀」を行うのか、何に注意をしなければいけないのかを事前に把握をしておくことが大切です。

 

まとめ

それぞれ「葬式」と「葬儀」と「告別式」の違いについて説明をしましたが、一般的にはどれも同じだと思ってしまっている人も多く、どれを使っても問題はないのです。

 

しかし、仕事柄しっかりと把握をしなければいけない場合は間違えないように注意をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました