「存外」と「案外」と「意外」と「思いの外」の意味の違いと使い方


純文学や古典文学、ビジネス文書などで度々登場する「存外」と「案外」と「意外」と「思いの外」ですが、普段使うことがない為、それぞれの意味や違いについてよく分からないという人が多いです。

 

そこで、耳慣れない言葉ではありますが、それぞれどんな意味があるのかについて詳しく説明をします。

 

「存外」と「案外」と「意外」と「思いの外」の違いとは?

 

あまり聞きなれない言葉の為、それぞれの違いについて分からないという人が多いのですが、一つ一つ分かりやすく説明をしていきます。

 

「存外」とは思っていたのと様子や程度が異なる、 非常識な言動、無礼といった意味があります。

 

「案外」とは予想したところとくいちがっているさま。思いのほか。といった意味があります。

 

「意外」とは考えていた状態と非常に違っていること。また、そのさま。という意味があります。

 

「思いの外」とは考えていたことと違っているさま。という意味があります。

 

それぞれ似ているものの、微妙な違いがあることがわかります。

 

「存外」と「案外」と「意外」と「思いの外」の使い方は?

 

それぞれの意味について詳しく説明をしましたが、実際に「存外」と「案外」と「意外」と「思いの外」の正しい使い方は何でしょうか。

 

「存外」は、基本的には書き言葉として使われる言葉となっていたり、副詞として用いる他、「存外のご無沙汰」「存外に暑い」のように名詞として使うことがあります。

 

「案外」とはは「予想が外れた」ことを意味するニュアンスが強い言葉となっていて、温かいと思っていたけが、予想に反して寒いといった様に使います。

 

「意外」とは予想をしていなかった事柄対して使い、日常的に使っているという人も多いです。

 

「思いの外」は「存外」「案外」と同様の意味を持つ事もありますが、予想とのギャップが大きい場合に使います。

 

場合によっては大げさと捉えられてしまうこともあるので注意が必要です。

 

一般的に使われるのはどれ?

 

それぞれ言葉の意味や違いについて説明をしましたが、その中でも特に一般的に使われる言葉はどれでしょうか。

 

そこで、「存外」と「案外」と「意外」と「思いの外」の中で最も使われる言葉ですが、やはり「意外」が多いです。

 

若者を中心に使っている傾向がありますが、それ以外にも「思いの外」といった使い分けをしていることもあります。

 

まとめ

 

普段あまり使わないという人も多い「存外」と「案外」と「意外」と「思いの外」ですが、それぞれの言葉の意味や違いについて説明をしましたが、意味を理解をしておくことで、会話においてスムーズに話すことができます。

 

それぞれの違いをしっかりと把握をし、使い分けていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました