「薦める」と「奨める」と「勧める」の意味の違いと使い方


同じ読み方でも漢字が違うと意味が違うという言葉はとても多くあり、その中でもビジネスシーンにおいても頻繁に使われる「すすめる」という言葉がありますが、漢字にすると「薦める」と「奨める」と「勧める」があります。

 

それぞれどんな意味があるのか、どんな違いがあるのかを説明します。

 

「薦める」と「奨める」と「勧める」の違いとは?

 

ビジネスシーンにおいて使ったことがあるというも多く、どれも同じ読み方ではありますが、一つ一つ意味について説明をしていきます。

 

「薦める」とは「候補者として薦める」、「新商品を薦める」といった物でも人でも方法でも「これがいい」、「この人がいい」という意味があります。

 

「奨める」とは「勧める」と同義であり、行為をするよう誘ったり、実行するように励ます意味があります。

 

こちらは常用漢字表外なので、本来であれば「勧める」に置き換えます。

 

「勧める」とは「読書を勧める」、「ビジネスを勧める」といった行為をするように人に働きかけたり、そのことを積極的に実行するように励ます意味があります。

 

「薦める」と「奨める」と「勧める」の使い分け方は?

 

ビジネスにおいても日常生活においても「薦める」と「奨める」と「勧める」はよく使われる言葉ですが、それぞれきちんとした使い分けはあるのでしょうか。

 

そこで、それぞれの使い方について説明をします。

 

「薦める」は「推薦」で促す意味があるため、選挙や役職に誰かを推す場合は「薦める」が適しており、もっとも使われる言葉でもあります。

 

「奨める」は奨励で励ますという意味が含まれていおり、「奨励金」というのもこの励ます意味が含まれていますが、「奨める」は常用漢字ではないため、普段の日常生活やビジネスにおいてあまり使う機会はないのです。

 

「勧める」は勧誘」で誘う意味がありますので、サークルや保険の勧誘には「勧める」が適しており、こちらも頻繁に使われる言葉です。

 

それぞれの使い方を知ることが出来れば、使い分けをすることは難しいことではないのです。

 

使い方に迷ったら?

 

万が一、「薦める」と「奨める」と「勧める」のどれを使えば良いのか迷ってしまったとき、どうすれば良いのでしょうか。

 

そこで、万が一、「薦める」と「奨める」と「勧める」の使い方に迷ってしまったときですが、一般的に多く使われる「勧める」で問題はないです。

 

ビジネスシーンにおいては必ずといって良いほど、「勧める」という言葉が出ます。

 

間違っても「奨める」といった常用漢字ではない漢字を使ってしまうのは避けましょう。

 

まとめ

 

同じ読み方でも漢字が違うと、全く意味が異なってしまったり、相手に伝わらなかったりする場合があります。

 

その中でも特に「薦める」と「奨める」と「勧める」は日常生活やビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉なので、しっかりと覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました