スーツブランド「青木」と「青山」と「はるやま」と「コナカ」の違い


新社会人になると真っ先に用意をしなければいけないのがスーツです。

 

そこで、スーツを買いに行こうとした時にパッと思い浮かべるお店として「青木」と「青山」と「はるやま」と「コナカ」が出てきます。

 

どれも素晴らしいお店ですが、どう違うのかについて聞かれて説明をすることは難しいのです。

 

そこで、それぞれどういった違いがあるのかについて説明をします。

 

「青木」と「青山」と「はるやま」と「コナカ」の違いとは?

どれもスーツが売られていて、とてもお買い得になっているため、プレゼントとしてあげるという人も多いのですがそれぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

各社の売り上げと営業利益の見れば一発でわかります。

 

青山は売上1,917億、営利173億となっていて、AOKIは売上1,112億、営利107億となっており、コナカは売上691億 営利22億となっています。

 

これだけを見ても青山が圧倒的No.1のシェアを誇るといっても過言ではないのです。

 

自分に合ったスーツを見つけましょう!

新社会人になるとスーツに対してこだわりを持っていたり、自分流を貫き通したいという人が増えてきます。

 

スーツにおいては一生使うものであり、決して粗末に集まって良いわけではないのです。

 

そのため、あらかじめ作られたスーツを購入をするのではなく、オーダーメイドで一から作るスーツを作ったほうが将来的にも使い続ける事ができます。

 

そのためにも、実際にお店に行ってみて、スーツを試着し、自分に似合うわないのか、似合うのかを判断することが大切です。

インターネットでも購入が出来ます!

 

近年、スーツをインターネットで購入をするという人が増えてきており、実際にインターネットでスーツを購入すれば安い値段で揃えることができたり、自分の好みのスーツを選ぶことが出来るのでとてもおすすめです。

 

また、インターネットで購入する際は体重やスリーサイズを細かく聞いてくる業者も多くありますが、自分で気軽にインターネットで購入をすることができるのはとても大きい事でもあるのです。

 

まとめ

業界内でも度々噂にされる覇権争いですが、それぞれ自分に合ったスーツを着るのが一番です。

 

そのために、いろんなお店で自分に合ったスーツを見つけ、オーダーメイドを承っているのか、オーダーメイドで行うことによって、よりビシッとしたスーツを着用をすることができるので、とてもおすすめです。

 

ぜひ、オーダーメイドにチャレンジしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました