実は同じだった!?「美容院」と「美容室」の違い


どちらも髪を整えるところで、美容院と美容室は一文字違いの為、何が違うのか、どんな内容なのかが分からなくて困惑してしまっている人が多くいます。

 

イメージでは何となく分かっていても、中身が分からないと不安が取れません。

 

そこで、美容院と美容室の違いについて説明をします。

 

「美容院」と「美容室」の違いとは?

一文字違いになっているため、あまり違いがないのではないか、サービスの内容は同じものではないかと思っている人も多いのですが、美容院と美容室は何が違うのでしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについて調査をしてみたところ驚く結果が出ました。

 

美容院と美容室の違いは特になく、言い方の違いがあるという事だけです。

 

ですが、正式に言うと美容院が正しく、主要な辞書には、「美容院」は収録されていますが「美容室」は存在しないのです。

 

そのため、言葉の意味として正しいのは、「美容院」であるということがわかります。

 

美容室の方が普及している!?

美容院の方が正しく、美容室は正しい言葉ではないという事が分かりましたが、実際にはホットペッパービューティーでもGoogleでも正しいはずの美容院よりも美容室のほうが多くあります。

 

そのため、一般的には美容院よりも美容室という言葉のほうが普及しているという事がわかります。

 

確かに、院だと少し重い印象があったり、行きにくいという抵抗感がありますが、美容室ではカジュアルな感じを受けられたり、行きやすい為、多くの人が美容室という言葉を使っているということがわかります。

 

どちらも相手に通じます!

美容院と美容室では正しくは美容院が正解であり、美容師が、パーマなどの美容術を施す営業施設という意味があるのですが、間違っている美容室という言葉でも相手に通じます。

 

そのため、美容室でも美容院でも特に気にしてしまう必要がありません。

 

実際に美容室の予約サイトであるホットペッパービューティを調べてみてもとても多くの美容院が出るため、間違って相手に伝えてしまっても通じるので不安に感じてしまう必要が一切ないということがわかります。

 

まとめ

美容院と美容室は一文字違いのため、内容やサービスが違うのではないかと疑問に思っていた人も驚いた結果となりました。

 

正式には美容院ではありますが、一般的に美容室で受け入れられています。

 

どちらも違いは無いため、安心して美容院と美容室のどちらにも行くことができるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました