なるほど!分かりやすい!「元素」と「原子」の意味の違い


化学基礎で学ぶ原子の構造、分子との関係性、原子と元素ですが、イマイチよく分からない、理解に苦しむという人がとても多くいます。

 

実際に元素と原子は化学基礎で学び、そこで躓いてしまうとその先難しくなってしまいます。

 

そこで、元素と原子の違いについて分かりやすく説明をします。

 

「元素」と「原子」の違いとは?

どちらも化学言語ですが、「元素」と「原子」の違いについてしっかりと理解をしておくことはとても重要なことです。

 

そこで、元素と原子の違いについて分かりやすく説明をします。

 

「元素」とは物質を構成する基本的な成分のことで、元素は次に出てくる原子の種類を表し、また、元素を表す記号のことを元素記号と言います。

 

水素はH、ヘリウムはHeというように表しますが、元素を原子番号の順に並べた表を、元素の周期表というのです。

 

「原子」とは物質を構成している基本粒子で、原子は物質の最小単位という言い方もします。

 

物質をどんどん分割していったときの、一番小さい粒子が、原子であるということがわかりますが、この原子が2個かそれ以上組み合わさったものを分子なのです。

 

ちなみに、現在において元素は約110種類が知られています。

 

身の回りには数多くの物質がある!?

「元素」と「原子」の違いについて説明をしましたが、「元素」と「原子」は化学でのみ使うと思われている人が多くいますが、実際に「元素」というのは身の回りには数多くの物質があり、その種類をすべて数えあげるのは不可能と言っても過言ではない程あります。

 

そのため、普段身につけている物や置いてある物、見ているものは全て物質であり、調査をすることでどんな物が含まれているのかを知ることができます。

 

どんな些細な物でも必ず数多くの物質があり、知れば知るほど奥が深いということが分かるのです。

 

まだまだ発見されていない物も多くある!?

現在において元素は約110種類が知られていますが、まだまだ発見されていない物が多くあり、科学の進歩によって解き明かされている事も多くあるのです。

 

原子とは、身の回りに在るもの、水や空気や石や有機物を、細かくしていって、最終的にたどり着く、物質を形作る一番のおおもとになる粒子のことでもあり、調査をすればする程奥が深いということが分かりますが、化学が進歩している現代においても解き明かされていない謎が多くあります。

 

そのため、化学の進歩が注目されている現代においてこの謎を解き明かすことに期待をしている声が多くあり、楽しみにしている人も多くいるのです。

 

まとめ

とても奥が深く、理解をするのに時間がかかってしまうという人が多い「元素」と「原子」ですが、それぞれの違いや特徴を知ることによって、より化学が奥が深いということが分かります。

 

これからの化学の進化を期待するとともに、まだ見ぬ発見を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました