夏だけではない!?「熱中症」と「熱射病」の違い


ニュースなどでも耳にすることが多い「熱中症」と「熱射病」ですが、それぞれ暑い環境で生じる健康障害の総称となっており、炎天下でスポーツをしたり、激しい労働をしている人にとっては知っておかなければいけない問題ですが、それぞれの違いについてよく知らないという人が多くいます。

 

そこで、「熱中症」と「熱射病」の違いやそれぞれの対処法について説明をします。

 

「熱中症」と「熱射病」の違いとは?

どちらも似たような名前となっているため、同じ症状なのではないかと思ってしまっている人が多くいますが、「熱中症」と「熱射病」の違いは何でしょうか。

 

「熱中症」とは熱中症とは気温の高い環境で生じる健康障害の総称で、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などの症状が起こります。

 

「熱射病」とは体の熱を十分に発散できないで、熱が体にこもってしまい、高い体温に体が対処し切れなくなった状態です。冬、よく暖房の効いた部屋で厚着をしたりするときに起こる症状です。

 

どちらも危険な状態で、放っておくと倒れてしまったり、後遺症が残ってしまう為、暑い盛りに激しいスポーツをしている人にとってはしっかりと注意をしなければいけないのです。

 

炎天下だけではない!?「熱中症」と「熱射病」は恐ろしい!

「熱中症」と「熱射病」はどちらも夏や炎天下の時に起こるのだから、それ以外の暑い時は気にしなくても良いと考えてしまっている人も多くいますが、それは間違った知識なので注意が必要です。

 

実際に「熱中症」と「熱射病」は湿気の多い時期や曇りの日、日中だけでなく夜間、屋内でも起こる可能性があり、温度が高い、ムシムシする、日差しがきつい、風がない、急に暑くなったなど、体内の熱を体外にうまく放出できず体を冷やせない状況の場合は、しっかりと休むことが大切なのです。

 

夏だけではなく、「熱中症」と「熱射病」が引き起こされる事があり、人にとっては温度が少し高いだけでも体調が悪化してしまう事があるため、少しでも不安に感じたら注意が必要になってきます。

 

正しい対処法を行いましょう!

「熱中症」と「熱射病」になってしまったらどのように対処をすれば良いのかが分からず、適当に水分を飲んで終わらせるという人もいますが、適当に対処してしまうと後になって問題が起きてしまったり、満足いく処置をしなかったが故に後遺症が残ってしまったという事がよくあるので注意が必要です。

 

「熱中症」と「熱射病」の対処法として、涼しい場所へ移動、安静、水分補給がとても重要になってきますが、水分を自力で摂取できない場合や症状に改善が見られない場合はすぐに受診が必要になってきます。

 

さらに意識障害、けいれん、運動障害を引き起こしてしまった場合はためらうことなく救急車を要請することが大切です。

 

いずれにしても涼しい環境と冷却がポイントとなっており、水分補給に関しても水だけではなく塩分もしっかりと補給をすることが大切です。

 

我慢をしてしまうのではなく、日頃からこまめな水分補給をして、しっかりと休むという事が大切です。

 

まとめ

命にも関わる「熱中症」と「熱射病」ですが、それぞれ放っておいたり、間違った対処をしてしまうと後遺症やさらにひどい結果になってしまうため、正しく対処をすることができるように、しっかりと「熱中症」と「熱射病」について理解をするとともに、対処法について何度も練習をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました