知らないと危険!「ウイルス」と「細菌」の違い


「ウイルス」と「細菌」はどちらも、人や動物に感染症を引き起こす微生物の代表格と言われていて、どちらも近寄って欲しくない存在ですよね。

 

しかし、そんな「ウイルス」と「細菌」ですが、とても多くの人が勘違いをしてしまっていることが多く、しっかりと理解しておかなければ対処法が分からないままなので、今後の為にも「ウイルス」と「細菌」についてしっかりと勉強しておきましょう!

 

「ウイルス」と「細菌」は違う生物!?

 

 

「ウイルス」と「細菌」と言えばどちらも危険な存在だから、同じ種類なのではないか、どちらも同じ微生物なのではないかと思い込んでしまっている人も多いのですが、実は、この「ウイルス」と「細菌」はまったく異なる生物です。

 

ウイルスは細菌の50分の1程度の大きさで、とても小さく、自分で細胞を持たないです。

 

人間に病気を起こすことがあるウイルスとして、インフルエンザウイルス、ノロウイルスといった非常にやっかいな病気はこのウイルスによって引き起こされます。

 

細胞は目で見ることはできない小さな生物で、一つの細胞しかない為、単細胞生物と呼ばれています。

 

この細胞に関しても人間に病気を起こすことがある細菌として、大腸菌、黄色ブドウ球菌、結核菌などが多くあります。

 

また、抗菌薬もあるものの、抗菌薬では効きにくい細胞も存在します。

 

それぞれ治療法が異なる!?

 


 

「ウイルス」も「細菌」もどちらも病気を引き起こすことから、治療法は同じなのではないかと思っている人も多いのですが、実は「ウイルス」と「細菌」では治療法が全く異なるので注意が必要です。

 

例えば、抗生物質は細菌を破壊することはできますが、ウイルスには全く効きません。

 

現在ではとても多くの治療薬がありますが、間違った処方をしてしまうと、かえって様々な病気を引き起こしてしまう原因にもなりますし、最悪の場合はそれがキッカケで副作用が起こったりもします。

 

しっかりと予防が大事です!

 

 

「ウイルス」と「細菌」では治療法が異なるため、それぞれしっかりと検査を受けなければいけないのですが、「ウイルス」も「細菌」もどちらも病気を引き起こす厄介なものです。

 

その為、常日頃からしっかりと予防をしておく必要があります。

 

しっかりと予防をすることによって、「ウイルス」も「細菌」も寄せ付けない体になり、さらには、免疫力もアップするため、日々のケアや予防を忘れずに行いましょう。

 

まとめ


「ウイルス」も「細菌」も全くの違う微生物で対処法も異なるということが分かったかと思います。

 

重い病気で命に関わる事もあるため、常日頃からケアや予防を忘れじに健康でいれる為に何か大切なのかをしっかりと理解しておくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました