会社によって変わる!?「会長」と「社長」の違い


会社の中で1番偉い人は誰と聞かれた際に多くの人が「社長」と答えますが、では「会長」は何番目に偉いのでしょうか。

 

多くの人が間違って覚えてしまっている知識なのですが、「会長」と「社長」の違いとは一体何でしょうか。

 

「会長」と「社長」の違いとは?

会社の中でも一番偉いというイメージがある社長ですが、社長が偉いのならば会長は何番目なのかと疑問に思ったことがあるという人が多いのですが、実際に「会長」と「社長」の違いとは一体何でしょうか。

 

「会長」とは、社長の上に置かれる役職のことで、社長を退いた人の名誉職となる場合が多い様ですが、代表権をもつ場合があるのです。

 

また、代表権を持つ、持たないに関わらず、自身が社長であった時の経験を活かして、後任の社長のアドバイザー役を務めるといったように、職務が比較的に多く採用されている傾向にあるのです。

 

「社長」とは、一般的には、会社が定める職制において、会社外に対して会社を代表するとともに、会社内で全体の業務執行を指揮する役職です。

 

社長の権限に対する法的根拠を確保するために、一般的には、株式会社では代表取締役若しくは代表執行役を社長として可能な限り業務執行権限を委任していることもあるのです。

 

多くの人が勘違いをしてしまっている事なので、正しく理解をしておくことが大切です。

 

会社によって一番偉いのは変わる!?

会長と社長の違いについて説明をしましたが、それならば会長の方が偉いのではないかと思ってしまいそうになりますが、実際に誰が一番偉いのかは会社によって大きく異なります。

 

しかし、「偉い」が会社を代表しているという意味においては「代表取締役」または「代表執行役」が一番偉いということになります。

 

職制で見ると、社長は会社のトップで、通常であれば会社のあらゆる監督業務執行を担い、実務上では、1番権限を有していることが多いのですが、会長は通常、社長の上にランクされる名誉職であることが多く、組織上では社長より上の存在という意味では会社の中で一番偉い人となります。

 

会社のトップを知りましょう!

自身が勤めている会社のトップが誰なのかご存知でしょうか。

 

多くの人が上司や部下が誰なのかは分かっていても、その上のトップの人が誰なのかわからないという人が多く、いざ目の前にいても適切な対応をすることができずトラブルに発展してしまったというケースはとても多くあります。

 

トラブルにならないためにも、会社のトップは誰なのかを知っておくということはとても大切なことです。

 

まとめ

会社によって誰が一番ら偉いのかは変わってくるということが分かりましたが、一般的にはやはり会長が一番偉いということが分かりました。

 

トラブルにならないためにも自身の会社のトップが誰なのかをしっかりと把握しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました