違いってなんぞ?

全くの別物「google」と「chrome」の違い


Androidスマホのデフォルトのホーム画面によくある検索ウィジェットであるGoogleアプリのウィジェットや多くの人がパソコンで使っているgoogleがありますが、それとは別にGoogle Chromeがあります。

 

どちらもGoogleが含まれているため、同じものなのではないかと思っている人が多いのですが、実際に「google」と「chrome」の違いとは何でしょうか。

 

そこで、「google」と「chrome」の違いについて詳しく説明をします。

 

「google」と「chrome」の違いとは?

どちらもgoogleというワードが含まれているため、同じものではないか、Google Chromeは、Googleのバージョンアップ版なのではないかと思ってしまっている人が多いのですが、実際のところ違いは何でしょうか。

 

そこで、それぞれ調査をしてみたところ、そもそも性質が違うということが分かりました。

 

「Google」は検索エンジンであり、「Google Chrome」はウェブブラウザ

です。

 

検索エンジンとは、キーワードから目的のサイトを探すためのプログラムのことでしが、ウェブブラウザとは、サイトを閲覧するためのソフトです。

 

そのため、それぞれ別物だということが分かります。

 

見た目はどちらも似てはいますが、それぞれ違うため、それぞれの違いについて把握をしておくことが大切です。

 

調べ物なら「Google」で充分です!

それぞれ「google」と「chrome」の違いについて説明をしましたが、実際にそれぞれ使い分ける場合、どのようにして使い分ければ良いのか分からないという人が多いのですが、

 

基本的には、検索機能のほか、現在地周辺の情報や天気予報、スケジュールのリマインド機能を兼ね備えている「Google」だけでも、充分となっており、ちょっとした調べ物だけなら、「Google」がおすすめです。

 

その一方で、調べ物で複数のウェブページにアクセスする場合や拡張機能を利用したい場合はChromeの方がおすすめです。

 

普段から頻繁に調べ物をする人であれば「Chrome」がよく、状況に応じてブラウザアプリや天気アプリを選んで開くのが面倒だという人は、すぐに見ることが出来る「Google」の方が効率的です。

 

「chrome」は他より優れています!

現在では何かを調べるときや利用をする際にとても多くの人が「chrome」を利用しているのですが、なぜこんなにも「chrome」は多くの人に支持されているのでしょうか。

 

その理由はとにかく動作が安定しているところにあります。

 

chromeはサンドボックス方式、拡張機能が豊富、どのパソコンでも同じ設定が使えるというのが魅力的で、あまりパソコンに触れたことがないという人でもとても使いやすく、難しい動作が一切いらないため、安心して使うことができるようになっているのです。

 

また、Googleのアカウントでクロームにログインできるので、設定をGoogleに保存しておくことができる様になっているため、面倒な手順も一切いらないのです。

 

まとめ

とても多くの人が支持している「google」と「chrome」ですが、それぞれの違いや特徴をしっかりと理解をし、上手に活用をすることができれば、より仕事を効率化することができ、時間に余裕を持つことができるようになります。

モバイルバージョンを終了