比較してみよう!「auショップ」と「家電量販店」の違い


携帯を変えるとなると、今まではショップに行って見積もりを出してもらい、契約をするという流れが主流となっていますが、近年では家電量販店に携帯販売コーナーができるようになり、ネットで契約手続きを済ませることができるなど、わざわざauショップに行かなくても良い様になり便利になりました。

 

しかし、「auショップ」と「家電量販店」の違いはどこにあるのでしょうか。

 

そこで、それぞれの違いやメリットとデメリットについて説明をします。

 

「auショップ」と「家電量販店」の違いとは?

今までは、携帯ショップと呼ばれる店舗に行って契約をすることが普通となっており、わざわざお店に行かなければいけないといった不便さがありましたが、近年では大手キャリア間のユーザー獲得争いが激化しており、お店に行っても理解ができないということで、ショップに行くだけでなく家電量販店の携帯コーナーに行ってみたり、ネットで料金の見積もりを出してもらうという事が出来るようになったのです。

 

そのため、「auショップ」と「家電量販店」の違いは「auショップ」では直営店と呼ばれるお店に行き、カウンターに座り、スタッフと1対1でスマホやプラン、契約内容について話し合い、見積もりに納得して契約をしますが、「家電量販店」ではほぼ全て代理店となっており、新規契約、機種変更、他社からの乗り換えといった主に販売のみとなっているのです。

 

「auショップ」と「家電量販店」のメリットとデメリットは?

それぞれの違いについて説明をしましたが、実際に「auショップ」と「家電量販店」のメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか。

 

「auショップ」はやはり公式というイメージが強くあり、信頼性があります。

 

また、スマホ契約に詳しくない人にも優しく、オプション加入が必須ではないというのがメリットにあります。

 

その一方で、量販店に比べキャンペーンが弱い傾向にあったり、待ち時間が比較的に長いことにあるのです。

 

特に金曜日の午後、土日はかなり混む傾向にあるため、面倒だと感じてしまう人も多くいます。

 

それに対し「家電量販店」は量販店独自のキャンペーンでお得に契約できる場合があったり、端末を一括購入払いした場合アンドロイドは10%分、iPhoneは5%分のポイントが付いたりとお得に買い物をすることができます。

 

その一方で、オプション加入がほぼ100%必須であり、スマホ以外のタブレット等の商品をしつこく勧められる可能性がある為、慣れた人しか向いていない傾向にあるのです。

 

オンラインショップでも契約ができる!?

どちらも便利で、契約から購入まで全て行うことができるようになっているのですが、どちらもわざわざ足を運ばなければいけない面倒があります。

 

しかし、近年話題になっているのがオンラインショップです。

 

オンラインショップではとても簡単に契約をすることができて、待ち時間もなく、自分でオプションを選ぶことができ、店員に説得され、タブレットなど余計なものを契約する必要がない為、お店に行くのが面倒だという人ならばオンラインショップで契約をすると便利です。

 

まとめ

それぞれ「auショップ」と「家電量販店」の違いについて説明をしましたが、どちらも便利で安心して行くことができます。

 

しかし、わざわざ行くのが面倒だという場合にはオンラインショッピングで済ませてしまいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました