トラブルにならないためにも知ろう「弊社」と「当社」の違いと使い方


ビジネスシーンで使用することが多い「弊社」と「当社」ですが、それぞれシーンによって使い分けることが大切なのですが、それぞれの違いについて知っておくということは常識でもあります。

 

「弊社」と「当社」の使い方を間違えてしまうとトラブルになってしまったり、相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「弊社」と「当社」の違いとは?

どちらもビジネスシーンで必ず使われる言葉ですが、実際にそれぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

「弊社」とはとは相手を立て自分がへりくだる敬語の一種である謙譲語であり、商談の場なのでは自分の会社より相手の会社が上の立場にあることを伝える言い方になります。

 

「当社」は弊社と同じように自社を表す当社となっていますが、当社は謙譲語でなく丁寧語になります。

 

へりくだった言い方である弊社と違い、相手に敬意を表すことから文書として書く際に利用されることが多いです。

 

ただし、相手にクレームをつける際などはあえてへりくだって「弊社」と言わず、丁寧語の「当社」といった使い方をしてしまっても間違いではないのです。

 

正しく使い分けましょう!

それぞれ「弊社」と「当社」の違いについて説明をしましたが、どちらも文書でも会話でも使える言葉となっており、ビジネスシーンでは、文書と会話で言い方が変わる言葉がありますが、「当社」と「弊社」は含まれないので注意が必要です。

 

ホームページや会社案内では「当社」が多く、自分の会社を説明する場面というのは、基本的には、お客様が安心して仕事の依頼ができるように、自社のアピールをする機会なので、毅然とした態度が必要な場面では、へりくだった表現の「弊社」ではなく、「当社」を使う必要があります。

 

その一方で、社外の方との会話では、より丁寧に「弊社」を使って会話することが多く、特に謝罪などの場面では、「弊社」を使わなければ失礼に受け取られることもあるのです。

 

会話の中で使い分ける事もある!?

ビジネスシーンにおいて「弊社」と「当社」の使い分けは難しいことではありますが、会話の中で使い分けている場面を見て驚いてしまったという人も多くいます。

 

これは、「貴社」は書き言葉なので、主にメールや手紙などの文書で用いられていたり、話し言葉である「御社」は、主に会話のなかで用いられることもあります。

 

それぞれ厳密には使用するべきシーンが異なりなすが、使う人によっては混合してしまうことがないように、意味合いで変えている事もあるので、聞き逃さないようにしっかりと注意が必要です。

 

まとめ

それぞれ「弊社」と「当社」の違いについて説明をしましたが、使い方を誤ると、常識がないと思われたり、場合によっては上から目線にとられてしまう可能性があるため、シーンによって「弊社」と「当社」のどちらが正しいのか、間違っていないのかをしっかりと把握し、トラブルにならないためにも冷静に判断しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました