「メール便」と「宅配便」の違いとお得な使い分け!


ネットショップをする際に商品発送にかかる送料は慎重に考えなければいけないのですが、運営をしている人にとっては顧客の目線になって考えることが大切なのですが、それぞれの違いについてしっかりと把握をしておかなければいけないのです。

 

そこで、「メール便」と「宅配便」の違いについて分かりやすく説明をします。

 

「メール便」と「宅配便」の違いとは?

どちらも商品発送をするにあたって真剣に考えなければいけないのですが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

「メール便」とは小さくて軽い荷物を送るのに適したサービスで、全国一律価格である点と、直接ポストに投函されるというメリットがあります。

 

業者によっては配送状況の追跡が出来なかったり、破損や紛失時の保証がないなどのデメリットも存在しますが、この値段の安さからかなりお得感のあるサービスであると話題になっているのです。

 

「宅配便」とは荷物は手渡しで届けられ、時間指定や代金引換のサービスが扱えます。

 

ネットショップでの取り扱いはメール便よりも多いが特徴となっており、配送状況の追跡が可能で、破損や紛失に対しても保険がかけられる点などからも、高価な商品を安全に確実に届けたいという人にはおすすめなのです。

 

両者のメリット、デメリットで判断しよう!

それぞれの違いについて説明をしましたが、どちらもメリットとデメリットが存在します。

 

それぞれのメリットとデメリットを比較して考えることによって、どちらにするのかを決断することができます。

 

「メール便」は全国一律の低価格であり、ポストに投函されるので受け取りのサインがいらないため、配達を自宅などで待たずに済むといったメリットがあります。

 

その一方で、紛失や破損時の際の補償がなく、配送追跡ができないのです。

 

また、代金引換の利用ができず、時間指定ができないためいつ届くのかが不明瞭です。

 

「宅配便」はメール便と比べ送れる品目やサイズが多彩となっており、出荷から到着までがスピーディとなっています。

 

配送状況追跡サービス付きが標準であり、代金引換が利用可能で、破損・汚損・紛失などの際の保険が掛けられます。

 

その一方で、手渡しの受け取りとなるため、不在時などには配達できず、メール便と比べるとやや高価となっています。

 

物によって判断をしましょう!

ネットショップを運営している人にとってはどちらを選択すれば良いのかと悩んでしまっている人も多いのですが、これらは物によって判断をすることが大切です。

 

小さいもので、壊れにくく、比較的にお客さんの負担を減らしたいと思っている場合は「メール便」の方が良いです。

 

しかし、値段も高く、確実に届けたい、物が大きいという場合には「宅配便」を利用することが大切です。

 

どちらか一方に絞ってしまうのではなく、物によって決めることによって「メール便」と「宅配便」を使い分けることができます。

 

まとめ

それぞれ「メール便」と「宅配便」の違いについて説明をしましたが、どちらもメリットとデメリットがあり、適した物と適さないものがあります。

 

全て極端に寄せてしまうのではなく、物によって使い分けることで、よりお客様との信頼関係を築くことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました