「笹」と「竹」の違いと見分け方


どちらも見た目がとても似ていて、あちらこちらで見る事ができ、季節によって色は変化しているのですがどんな場所でもいつも同じような姿で見かけることができますが、「笹」と「竹」はどこが違うのかと疑問に思ったことがあるという人はとても多くいます。

 

そこで、「笹」と「竹」の違いについて詳しく説明をします。

 

「笹」と「竹」の違いとは?

見た目がとても似ているため、見分けることができない、混合してしまうという人も多くいますが、実際に「笹」と「竹」の違いはどこにあるのでしょうか。

 

実は、笹と竹はタケ類になり、タケ類の中のイネ科タケ亜科となっています。

 

どちらもタケ類の中でも茎が木のようになる植物となっていて、木のようになっても茎になる事から木材ではないのです。

 

そのため、植物の種類では笹と竹は同じ種類になり、笹も竹もたけのこが取れ食べる事が出来るのです。

 

しかし、たけのこが出来るまでは同じではありますが、たけのこの皮が成長しても腐るまで茎の節ごとにつき続けるのが「笹」であり、たけのこが成長すると取れるのは「竹」なのです。

 

「笹」と「竹」の違いはこれだけなのです。

 

実は簡単!?「笹」と「竹」の見分ける方法

どちらもとても似ているため、見分けることは困難と思っている人も多いのですが、実は「笹」と「竹」の見分け方は難しいわけではないのです。

 

大きさは竹は大きく育つことに対して笹は大きく育たないのです。

 

その他にも竹の葉っぱは葉脈が格子状となっていますが、笹の葉脈は平行となっており、肉眼では区別することが困難ではありますが、見分けることができます。

 

また、竹は成長するにつれて皮がはがれ落ち、茎の部分がツルツルしているのが特徴ですが、笹は、枯れるまで茎の皮がはがれ落ちないのです。

 

七夕は両方使われている!?

よく、七夕では「笹」と「竹」のどちらかを使われているイメージがありますが、実は笹も竹も身近な植物であった事から日本では古くから様々な事に使われており、その中でも行事を行う際には神様が宿る依代として必ず添えられ使われているのです。

 

また、依代として使われているのは笹のようなイメージがありますが、笹だけではなく細い竹も使われており、竹のイメージになる高く大きい竹、高く大きい竹が日本に伝わったのは江戸時代頃日本の多くの行事は江戸時代前から行われているのです。

 

まとめ

とても似ている「笹」と「竹」ですが、それぞれの特徴や違いについて知っておくことで、実際に「笹」と「竹」を見ても簡単に見分けることができるようになります。

 

どちらもとても大切なものであり、七夕でも使うことができるため、重宝します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました