美味しいけれど知ってる?「おしるこ」と「ぜんざい 」の違いについて


寒い季節になると恋しくなる食べ物といえば多くの人が「おしるこ」と「ぜんざい」と答えるのではないでしょうか。

 

どちらもとても美味しくて、体もぽかぽかして温まりますよね。

 

そんな寒い季節の定番の食べ物ですが、「おしるこ」と「ぜんざい」の違いについてきちんと理解できていますか。

 

実は、関東と関西では意味合いが大きく異なってきます。

 

そこで、「おしるこ」と「ぜんざい」の違いについておさらいしましょう。

 

「おしるこ」と「ぜんざい」は関東と関西では違う?

 

 

全国各地にある「おしるこ」と「ぜんざい」ですが、実は関東と関西では意味合いが大きく異なることをご存知でしょうか。

 

そこで、関東と関西の「おしるこ」と「ぜんざい」の違いについて調査をしてみました。

 

関東の「おしるこ」と「ぜんざい」では「汁気があるのかないのか」で呼び名が変わってきます。

 

関東では汁気があるものを「おしるこ」、汁気がないものを「ぜんざい」と呼びます。

 

お店によってはつぶあんか、こしあんかによって呼び名を変えていることもあるそうです。

 

関西では「おしるこ」と「ぜんざい」では「あずきの状態」で呼び名が変わってきます。

 

「こしあん」をおしるこ、「つぶあん」をぜんざいと言います。

 

ちなみに、汁気がないものは「亀山」、「金時」と言います。

 

そもそも「おしるこ」と「ぜんざい」の名前の由来は?

 

 

関東と関西では大きく意味合いが異なる事がわかりましたが、そもそも二つの名前の由来はどこにあるのでしょうか。

 

実は、「おしるこ」と「ぜんざい」は江戸時代からよく食べられているもので、「おしるこ」の語源は粉のあんを使ったことから「汁粉」と呼ばれるようになりました。

 

それに対し、「ぜんざい」の語源は神在餅を由来とする説が有力で、「神在餅」の「じんざい」がなまって「ぜんざい」へと変化したと言われています。

 

どちらもしっかりとした名前の由来があり、今もなお多くの人々に愛されている食べ物となっています。

 

注文をする際に確認しましょう!

 

 

「おしるこ」と「ぜんざい」は関東や関西によって異なったり、お店によって「おしるこ」と「ぜんざい」が異なっている場合があります。

 

そのため、お店に足を運んで注文をする際はしっかりと「おしるこ」なのか「ぜんざい」なのか聞くように心がけておくことが大切です。

 

事前に聞いておくことによって「思っていたのとは違う」という事を避けることができます。

 

まとめ

 

 

「おしるこ」と「ぜんざい」では場所によってもお店によっても異なってくることを知って驚いたという人も多いのではないでしょうか。

 

どちらも人気の食べ物だからこそ、しっかりと「おしるこ」と「ぜんざい」の名前の由来やどう違うのかを知って、食べましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました