内容が異なる!?「旧約聖書」と「新約聖書」の違い


聖書という本を見かけるときにその多くは新約聖書と旧約聖書の両方が入っているものが多く、読んでみると面白い部分が多くあります。

 

新約聖書の中には現代人に必要な内容も多くあるとも話題になっていますが、「旧約聖書」と「新約聖書」の違いとは一体何でしょうか。

 

そこで、「旧約聖書」と「新約聖書」の違いについて説明をします。

 

「旧約聖書」と「新約聖書」の違いとは?

どちらも同じ聖書であることにはかわりないのですが、「旧約聖書」と「新約聖書」とではどのような違いがあるのでしょうか。

 

そこで、「旧約聖書」と「新約聖書」の違いについて詳しく説明をします。

 

「旧約聖書」とはイスラエル民族の歴史を記したもので、カトリックの教典です。

 

神による、天地創造、アダムとイブの創造、そして、ノアの方舟、モーセ、ダビデなど、古代イスラエルの歴史が主に書かれており、神との契約としてモーセの十戒がある事は有名です。

 

「新約聖書」とはキリスト教の教典であり、モーセの十戒を旧約とし、イエスというキリストの登場により、神と新たに契約を結び直し、イエスを信じれば、神との契約を結ぶことができるというもの。となっています。

 

それぞれ教えが大きく異なるため、人によっては信じるか信じないのかは大きく変わります。

 

新約の教えは現代的!?

近年、「新約聖書」は現代的であり、若い人を中心に読んで欲しいとも言われていますが、なぜ「新約聖書」は若い人に中心に読んだ方が良いのでしょうか。

 

この「新約聖書」はイエスは、モーセなどの予言者ではなく、神の子として登場することは有名ですが、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる4つの福音書があり、その次に使徒行伝、そのあとにローマ人への手紙、コリント人への手紙など手紙系がたくさんあります。

 

イエス・キリストの生涯とその教えをまとめたものでもあり、分かりやすく書いてあるからです。

 

どちら信じても良い!?

「旧約聖書」と「新約聖書」では書いてある内容や教えが大きく異なります。

 

そのため、「旧約聖書」は好きだったけれども「新約聖書」は好きになれないという人も中にはいます。

 

しかし、どちらを信じても良く、自分が信じたいと思える方でも構わないのです。

 

「旧約聖書」と「新約聖書」はとても奥が深く、読めば読むほど伝わるものが多くあります。

 

人によっては異なりますが、一緒に読むことでより理解を深めることができます。

 

まとめ

それぞれ「旧約聖書」と「新約聖書」の違いについて説明をしましたが、内容が大きく異なるだけではなく、人によって信じるか信じないのかが分かれるため、まずは読んでみることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました