知れば納得!「カロリー」と「糖質」の違い

ダイエットの王道といえばカロリー制限でもあります。

 

しかし、近年ではカロリーではなく糖質を減らすことによるダイエット法も注目されており、どちらを実践すればよいのか、どちらの方が危険なのか分からず困惑してしまっている人も多くいます。

 

そこで、「カロリー」と「糖質」の違いについて詳しく説明をします。

 

「カロリー」と「糖質」の違いとは?

どちらも気をつけなければいけないということは分かっているけれども、どちらが危険なのかについてしっかりと把握をしている人は少ないのです。

 

そこで、それぞれの違いについて詳しく説明をします。

 

「カロリー」とはエネルギーの単位のことで、1リットルの水の温度を1度上げるために必要なエネルギーが1kcalとなっています。

 

消費するカロリーよりも少なくすれば、その差の分だけ体脂肪が燃やされて痩せるとも言われています。

 

「糖質」とは炭水化物から食物繊維を除いたものであり、糖質は体内で吸収され、活動するためのエネルギー源となる栄養素で糖アルコール、オリゴ糖などがあります。

 

どちらもメリットとデメリットがある!?

それぞれどちらの方が痩せるのかといった疑問を持たれる人が多くいますが、ダイエットを実践する上でより痩せるのはどちらなのでしょうか。

 

カロリー制限ダイエットをする人もいますが、これは「食べ物から摂取するカロリーを減らす」ことを心がけるシンプルなダイエット法であり、身体の中に入ってくるカロリーよりも、運動や代謝で使われるカロリーの方が多ければ、体重は自然に落ちていくという考えですが、比較的シンプルで手軽なダイエット法なので誰でも行えます。

 

糖質制限ダイエットはカロリーではなく、糖質の多い食品を制限するダイエット法であり、糖質制限ダイエットは、主食を抜く、または減らすだけのダイエットなので、こちらも考え方はシンプルとなっています。

 

それぞれのダイエット法がありますが、カロリー制限ダイエットはリバウンドのリスクがやや高い傾向にありますが、糖質制限ダイエットはリバウンドしにくいですが、栄養のバランスが崩れがちになります。

 

無理しないダイエットが大切です!

それぞれのダイエット法や違いについて説明をしましたが、ダイエットを成功させるコツは、無理なく長く続けることが大切になってきます。

 

短期間でたくさん減量しようとすると、筋肉が落ちてしまいます。すると代謝量も落ちて太りやすい体質になったり、リバウンドをしたときに体脂肪が増えたりしてしまい、理想の体型から大きく離れてしまうことも考えられます。

 

ゆるいステップを長期間に渡って続けていくことが、成功率アップであり、リバウンドを防ぐコツでもあるため、自分が続けやすいのはどちらかを考えて実践することが大切です。

 

まとめ

「カロリー」と「糖質」はどちらも大きく異なり、ダイエット法もそれぞれあります。

 

決して無理をしてダイエットを続けてしまうのではなく、楽しく、自分に合ったダイエットを行うことが重要になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました