どちらの方が難しい?アマチュア無線「4級」と「3級」の違い


アマチュア無線技士の国家資格を取得した人はアマチュア業務が許されますが、アマチュア無線技士の資格は日本では4つの級に分類されていますが、その中でも「アマチュア無線4級」と「3級」はどのぐらいの違いがあるのか、内容はどうなっているのかと疑問に思っている人も多くいます。

 

そこで、「アマチュア無線4級」と「3級」の違いについて説明をします。

 

アマチュア無線「4級」と「3級」の違いとは?

アマチュア無線技士の資格は、第1級から第4級までありますが、申請者は下位級にあたる「アマチュア無線4級」と「3級」に集中しており、まずはここから取得すると言う人も多いのです。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「第4級アマチュア無線技士」はアマチュア無線局の無線設備で次に掲げるものの操作、空中線電力10W以下の無線設備で21メガヘルツから30メガヘルツまでまたは8メガヘルツ以下の周波数の電波を使用するもの、空中線電力20W以下の無線設備で30メガヘルツを超える周波数の電波を使用するものが操作できる範囲となっています。

 

「第3級アマチュア無線技士」はアマチュア無線局の空中線電力50W以下の無線設備で18メガヘルツ以上または8メガヘルツ以下の周波数の電波を使用するものの操作できるようになります。

 

そのため、「第3級アマチュア無線技士」よりも「第4級アマチュア無線技士」の方が試験の難易度が高い傾向にあるのです。

 

資格の取得方法がそれぞれ異なる!?

それぞれ「アマチュア無線4級」と「3級」の違いについて説明をしましたが、実際に資格の取得を目指している人にとってまずはしなければいけない事が「どこが取得をすることができるのか」ということです。

 

そこで、「アマチュア無線4級」と「3級」の資格の取得方法について説明をします。

 

「アマチュア無線4級」は日本無線協会が開催する第4級アマチュア無線技士国家試験を受験し合格する、JARD(一般財団法人日本アマチュア無線振興協会) または QCQ企画 その他が主催する講習会を受講して、修了試験に合格する。という必要があります。

 

「3級」は日本無線協会が開催する第3級アマチュア無線技士国家試験を受験し合格する、現在、第4級アマチュア無線技士の資格をお持ちの方は、JARD(一般財団法人日本アマチュア無線振興協会) または QCQ企画 その他が主催する養成課程講習会第3級短縮コースを受講して修了試験に合格する、JARDが開催するeラーニングを受講し修了試験に合格する。という必要があります。

 

それぞれ取得方法が異なるのでしっかりと把握をしておく必要があります。

 

マークシート方式の選択問題が出る!?

アマチュア無線技士の国家資格する為には試験で合格をしなければいけないのですが、その試験はどのような内容になっているのでしょうか。

 

そこで、アマチュア無線技士の国家資格の過去問から見てみると、アマチュア無線技士国家試験は、マークシート方式の選択問題として出題されていることが分かりました。

 

第4級アマチュア無線技士国家試験の無線工学に関する出題においても、マークシート方式の選択問題になっているのです。

 

そのため、4アマの無線工学を解くために必要な能力は中卒程度の学力で十分と言われているのです。

 

また、難しい問題は出題頻度が高くないため、仮に答えられなかったとしても、他の問題でカバーすることは可能となっているので、最後まで諦めないことが大切です。

 

まとめ

アマチュア無線技士の資格を手に入れる為にも「アマチュア無線4級」と「3級」を合格する必要があります。

 

試験を受講する際はぜひ「アマチュア無線4級」と「3級」の過去問を参考にし、試験に挑みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました