神経伝達物質「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」の違い


興奮すると分泌されると言われているのが「アドレナリン」ですが、アドレナリンはテンションが上がったり、パフォーマンスが上がったりするイメージを持つ人がとても多くいますが、それと同様に「ノルアドレナリン」があり、それぞれどのような違いがあるのか、特徴は何かについて疑問を持っている人が多くいます。

 

そこで、「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」の違いについて説明をします。

 

「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」の違いとは?

一度は聞いたことがあるという人も多い「アドレナリン」と「ノルアドレナリン」は「神経伝達物質」や「ホルモン」として体に作用していることは有名ですが、それぞれの違いは一体何でしょうか。

 

「ノルアドレナリン」とはノルエピネフリン、あるいはアルテレノールと言われており、副腎髄質,クロム親和細胞および交感神経細胞から分泌されて,生体内で神経刺激伝達物質として働いているカテコールアミンの一種です。

 

副腎髄質ホルモンであるアドレナリンの前駆質でもあり、心筋、睾丸および卵巣ではアドレナリンより多く存在します。

 

「アドレナリン」とはエピネフリン、エピレナミンと言われ、副腎髄質ホルモンの一種です。

 

インスリンと反対に血液中の糖の濃度を高める作用を示しており、交感神経刺激剤として用いています。

 

どちらも交感神経の神経伝達物質でアセチルコリンは副交感神経の神経伝達物質となっていますが、違いについてハッキリと分かります。

 

生成過程が異なる!?

どちらも交感神経の神経伝達物質となっていますが、生成過程が違うので注意が必要です。

 

「ドーパミン」→「ノルアドレナリン」→「アドレナリン」という順番で生成されるのです。

 

「ノルアドレナリン」は「アドレナリンの前駆体」だとも言え、ドーパミン自体も神経伝達物質として働き、中枢神経を伝達するのです。

 

また、生成過程だけではなく、生成される場所も異なるのですが、ノルアドレナリンは中枢神経系で主に生成されますが、アドレナリンは腎臓の上にある副腎髄質で主に生成されるのです。

 

どちらも無くてはならない存在!?

それぞれ「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」の違いについて説明をしましたが、どちらも無くてはならない存在なのです。

 

「アドレナリン」は主に体に、「ノルアドレナリン」は主に心に効きますが、それぞれどちらも欠けてはならない存在で、ストレスに長期的にさらされてノルアドレナリンが足りなくなると、やる気が出なくなったり不注意になったり、感情が乏しくなったりしまったり、ストレスが高まるとノルアドレナリンが分泌され、適度な緊張は注意力が高まるなどの良い効果があるのです。

 

どちらもあることで、バランス良く健康状態になることができるのです。

 

まとめ

それぞれ「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」の違いについて説明をしましたが、どちらも必要であることがわかりました。

 

それぞれの特徴をしっかりと活かし、大切にしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました