知れば知るほど面白い!「そうめん」と「ひやむぎ」の違いとは!?


夏の定番の食べ物と言えば「そうめん」と「ひやむぎ」がランクインするほど、有名な食べ物なのですが、「そうめん」と「ひやむぎ」と言われて、違いをしっかりと説明をすることができますか。

 

実際に「そうめん」と「ひやむぎ」があった場合、どちらにしようか悩んでしまった人も多いかと思います。

 

そこで、「そうめん」と「ひやむぎ」の違いについてしっかりと説明します。

 

「そうめん」と「ひやむぎ」では製法が違う!?

 

 

「そうめん」と「ひやむぎ」はどこが違うのかと聞かれて、しっかりと答えることが出来るという人は比較的に少ないことが調査で分かりました。

 

実際に、食卓に「そうめん」と「ひやむぎ」が出てきて、見分けが付かないという人が多いのですが、一体「そうめん」と「ひやむぎ」はどこが違うのか。

 

それは製法にありました。

 

実は、ひやむぎは細打ちにしたうどんの事で、小麦粉と塩と水を混ぜたものを練って延ばしてから切って作るものでしたが、そうめんは、作り方は似てはいるものの、ひやむぎのようには切らず、練ったものに植物油やでんぷんを塗って、引き伸ばし、細かく仕上げて、天日干しにして作っています。

 

そのため、作り方は大きく異なるので、味も風味も違うということがわかります。

 

「そうめん」と「ひやむぎ」ではどちらの方が人気!?

 

 

夏と言えば必ず「そうめん」か「ひやむぎ」を食べるという人は多いのですが、実際に「そうめん」と「ひやむぎ」ではどちらの方が人気が高いのでしょうか。

 

そこで、独自に調査をしてみたところ、「そうめん」と「ひやむぎ」では、やはり定番であり、人気の「そうめん」が圧倒的に多かったのです。

 

確かに、ひやむぎも美味しく、のどごしも良いのですが、まだまだひやむぎの知名度は高くはなく、あまり好んで食べているという人は少ないようです。

 

「そうめん」と「ひやむぎ」を美味しく食べるコツとは!?

 

 

「そうめん」も「ひやむぎ」も茹でる際に失敗をしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

実際に、せっかく食べようと思って、麺を茹でる際に、吹きこぼれてしまったという経験があるという人も多いかと思います。

 

そこで、「そうめん」と「ひやむぎ」を美味しく食べるコツを伝授します。

 

「そうめん」と「ひやむぎ」を吹きこぼさずに美味しく茹でる方法はとても簡単で、素麺を入れ、5周位かき回し、再度沸騰したら、蓋をして火を止め2分放置するだけで、美味しく出来上がります。

 

実際に試してみたという人も多いのですが、とても簡単で難しくはないので気軽に行えます。

 

まとめ

 

当たり前のように食べている「そうめん」と「ひやむぎ」の違いですが、意外と知らなかったという人も多かったのではないでしょうか。

 

気になった方はぜひ「そうめん」と「ひやむぎ」を作る際に吹きこぼれない裏ワザを使って挑戦をしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました