「芦ノ湖」の「遊覧船」と「海賊船」の違いとおすすめ!


神奈川県にある芦ノ湖で人気の乗り物である「海賊船」ですが、「遊覧船」とは何が違うのか気になったことがあるという人が多くいます。

 

実際に芦ノ湖の海賊船と遊覧船の時刻表や料金など何が違うのでしょうか。

 

そこで、それぞれについて詳しく説明をします。

 

「遊覧船」と「海賊船」の違いとは?

 

神奈川県足柄下郡箱根町にある芦ノ湖でおすすめの観光である「遊覧船」と「海賊船」ですが、それぞれ一体どこが違うのでしょうか。

 

「遊覧船」とは正式名称は「箱根 芦ノ湖遊覧船」であり、伊豆箱根鉄道グループが運営している歴史のある遊覧船です。

 

1961年に日本で初めて就航した双胴遊覧船として知名度が高いのですが、「あしのこ丸、はこね丸、十国丸」の3つの双胴船と、周遊船「第二こま」の、全部で4つの船があるのです。

 

「海賊船」とは正式名称は「箱根観光船」であり、箱根観光船株式会社が運営していて、豪華な見ためが特徴的な海賊船に乗って芦ノ湖観光が楽しめるのです。

 

海賊船は「ロワイヤル2、ビクトリー、バーサ」の3つの船があるのですが、どれも本物の海賊船に乗ったような気分になることができ、海賊船には豪華な内装が人気の特別船室もあるのです。

 

「遊覧船」と「海賊船」の乗り方や料金は?

それぞれの違いや特徴について説明をしましたが、「遊覧船」と「海賊船」の乗り場と料金についても詳しく説明をします。

 

「遊覧船」は「箱根関所跡港、元箱根港、箱根園港、湖尻港」の4つの乗り場があり、4つの乗り場を片道と、周遊コースがあります。

 

芦ノ湖遊覧船の料金は、定期航路と周遊コースで分かれているのですが、定期航路の乗船券は片道と往復から選べ、4箇所の港を結ぶ航路を自由に選択することができ、周遊コースは、発着港ごとの乗船券になります。乗船時間・距離の長さで料金が増します。

 

「海賊船」は海賊船の乗り場は桃源台港、箱根町港、元箱根港の3か所だけとなっていて、この順に一方通行で運航されているのですが、一部途中止まりや直行があるので注意が必要となっています。

 

場所によっては料金が異なってきますが、所要時間はいずれも30分であり、子供料金は半額、15人以上の団体は3割引きの料金になります。

 

往復の場合は大人1840円、子供910円で、割引クーポンもあります。

 

それぞれの楽しみ方とは!?

「遊覧船」と「海賊船」はどちらがおすすめなのでしょうか。

 

そこで、それぞれの特徴について説明をします。

 

「箱根海賊船」におすすめの人は海賊船に乗ってワクワクしたい人や箱根フリーパスを買う予定である人におすすめです。

 

「芦ノ湖遊覧船」におすすめの人は箱根園や、駒ヶ岳ロープウェーに乗りたい、箱根フリーパスを使う予定はない、芦ノ湖からの箱根の風景を綺麗に写真に収めたいという人におすすめです。

 

まとめ

とても人気が高い芦ノ湖の「遊覧船」と「海賊船」ですが、どちらも楽しみたいという人はフリーパスを購入する事をおすすめします。

 

どちらも素晴らしい特徴があり、満足できる乗り物となっています。

 

ぜひ、両方とも試しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました