どっちが正しい?「一生懸命」と「一所懸命」の意味の違い


日常生活やビジネスシーンにおいてどちらも頻繁に使われる言葉ではありますが、それぞれどちらが正しいのかご存知でしょうか。

 

間違って使ってしまっているという人は意外にも多く、正しい方を選ばないと恥をかいてしまう事があります。

 

そこで、それぞれの違いについて説明をします。

 

「一生懸命」と「一所懸命」の違いとは?

 

どちらも似たような言葉となっているため、勘違いをして覚えてしまっているという人が多いのですが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

「一生懸命」とは命がけで事に当たること。また、そのさま。 引くに引けないせっぱ詰まった場合。瀬戸際。といった意味があります。

 

それに対して

 

「一所懸命」は 中世、1か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること。また、その領地。命がけで物事をすること。また、そのさま。必死。という意味があります。

 

実際に「一生懸命」と辞書で引くと、先に出てくるのですが、この事から言葉としては「一所懸命」の方が先に生まれた言葉であるということがわかります。

 

一生懸命は転じたことから生まれた!?

 

それぞれ「一生懸命」と「一所懸命」の違いについて説明をしましたが、一所懸命とは本来、その説明にもある通り「中世、1か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること。また、その領地。」に由来する言葉となっているのですが、これが転じて「命がけで物事をすること。また、そのさま。」を意味する言葉となり、そこからさらに、言葉の持つ意味合いから「一生」という言葉が使われるようになったのです。

 

現在では「一所懸命」よりも「一生懸命」として使われることが多く、一般的には「一生懸命」の方が伝わりやすい言葉になっているのです。

 

どちらも間違いではない!?

 

現在では「一生懸命」の方がよく使われるイメージがあり、「一所懸命」は間違いなのではないかと思ってしまっている人が多く、実際に放送などでは「一生懸命」を使っている傾向がありますが、それぞれどちらを使っても間違いではないのです。

 

実際に、多くの辞書が今も両方を見出し語として載せていたりしています。

 

そのため、一所懸命を使っても相手に通じる事が多いのです。

 

しかし、やはり新聞社や雑誌社では「一生懸命」に統一しており、一所懸命を使ってしまうとクレームが入ってしまう事も多いのです。

 

まとめ

 

それぞれ「一生懸命」と「一所懸命」の違いについて説明をしましたが、どちらを使っても間違いではないため、安心することができます。

 

しかし、一般的には「一生懸命」を使っている事が多く、テレビなどでは「一生懸命」に統一しているため、普段使う際は「一生懸命」で話すようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました