疑問を解決!「内のし」と「外のし」の違い


内祝いを相手に贈る際に多くの人が使うのし紙ですが、「内のし」と「外のし」があり、どちらを選べば良いのかが分からずに困惑してしまったという人が多くいます。

 

それぞれの違いについて知っておかないとトラブルの元になってしまう為、それぞれの使い分けについて説明をします。

 

のし紙って一体なに?

そもそも、のし紙とは一体何でしょうか。

 

聞いたことがあるけれども、本来の意味について正しく知らないという人が多くいます。

 

そこで、のし紙について説明をします。

 

のし紙とは、水引と熨斗を印刷した”掛け紙のことです。

 

「水引」は慶事や弔事にて使用する紙製の紐。

 

「熨斗」は平たく打ち伸ばした干しあわび。

 

室町時代には、干しあわびは祝い事や出陣前の儀式に欠かせない肴とされていたのです。

 

贈り物にかけた掛け紙を水引でくくり、熨斗を添えて贈るというのが本来の使い方なのですが、現在においては1枚の紙にすべて印刷したものをのし紙と呼んでいるのです。

 

「内のし」と「外のし」の違いとは?

内祝いの際に使う「内のし」と「外のし」ですが、それぞれの違いについて知らないという人が多くいます。

 

それぞれの違いや一体何でしょうか。

 

「内のし」は包装紙にのし書きが隠れてしまいます。

 

そのため、相手に渡す際は表書き(贈答品の目的)が見えないため、内祝いに使われることが多いです。

 

現在では「返礼品」と捉えられているのですが、本来は「自分に祝い事があったのでお裾分けします」という意味があり、相手の慶事をお祝いする贈答品ではないのです。

 

また、宅配便で贈答品を贈る際には、配送途中でのし紙が傷つかないように内のしがよいとされているのです。

 

「外のし」は贈答品を渡す際に表書きが先様にはっきりと見えるため、相手にどんな目的で贈ったかがすぐに分かります。

 

結婚、出産祝いなどで用いられます。

 

使い分けに厳密な決まりはない!?

それぞれ目的によって「内のし」と「外のし」を使い分けなければいけないと思っている人が多いのですが、実は、それぞれの厳密な決まりはないのです。

 

どちらが良いのかは、いろいろ贈る気持ちや場面によって変わってくるのですが、場所によっては昔ながらの風習とか、地域によっての作法はあるものの、多くの人はあまり気にすることがなく、「外のし」を使っている人が多いです。

 

そのため、実際に使う際はビジネスシーンではない限りあまり気にする必要はないのです。

 

まとめ

それぞれ「内のし」と「外のし」の違いについて説明をしましたが、実際のところ厳密な決まりはないため、あまり気にしているという人も少ないのです。

 

ぜひ、目的やシーンに合わせて使い分けをしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました