有名な霧島酒造の「赤霧島」と「黒霧島」の味の違い


霧島酒造の霧島シリーズはとても人気が高く、その中でも「赤霧島」と「黒霧島」は毎日嗜んでいるという人も多くいます。

 

そんな人気の「赤霧島」と「黒霧島」ですが、それぞれ何が違うのか、どんな風味なのかと気になっている人が多くいます。

 

そこで、「赤霧島」と「黒霧島」の違いについて説明をします。

 

「赤霧島」と「黒霧島」の違いとは?

黒霧島は霧島連山の清冽な地下水「霧島裂罅水」の水を使用する霧島酒造が作る有名な芋焼酎ですが、「赤霧島」と「黒霧島」があり、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 

「赤霧島」は茜霧島で使われたタマアカネは白霧島や黒霧島で使われている黄金千貫の親戚であり、赤霧島で使われているムラサキマサリは、全くの別物なのです。

 

中まで紫の色素が浸透しているため、ポリフェノールが多く含まれており、ワインにも似た味わいになっています。

 

赤霧島という名前の由来はムラサキマサリに麹を加えると燃えるような赤色になることからです。

 

「黒霧島」は黒麹を利用した黒霧島は甘みとキレが両方備わっている焼酎となっており、黒麹を利用した黒霧島は甘みとキレが両方備わっている焼酎となっているため、味わいを楽しみやすいロックがおすすめとなっています。

 

芋が違う!?

それぞれ「赤霧島」と「黒霧島」の違いについて説明をしましたが、その他にも大きな特徴として「芋」が異なります。

 

赤霧島の原材料は、紫芋の「ムラサキマサリ」が使われており、「このムラサキマサリ」は収穫量が限られているために数量限定での販売されているのです。

 

また、とても貴重となっているため、春と秋の年に2回しか販売されないのです。

 

黒霧島の原材料は、さつまいもの「黄金千貫」と米麹が使われており、米麹は「黒麹」を使っているために、命名が黒霧島という名前になったのですが、霧島酒造の黒霧島は、赤霧島と違い通年を通して販売されているのです。

 

通販サイトで購入できる!?

とても有名な霧島酒造ですが、通販サイトで購入をすることができます。

 

通販サイトでは「赤霧島」と「黒霧島」のそれぞれの飲み比べセットが販売されており、どちらも飲んだことがないという人にはオススメとなっています。

 

値段も比較的に安い値段となっており、飲み比べをすることによって、自分に合った方を知ることができます。

 

まとめ

とても人気が高く、美味しい「赤霧島」と「黒霧島」ですが、まだ一度も試したことがないという人はぜひ飲み比べセットで試してみて、自分に合ったのはどちらなのかを知りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました