医療の進歩!?「ゾフルーザ」と「タミフル」の違い


インフルエンザ治療薬として2018年3月に発売された塩野義製薬の錠剤「ゾフルーザ」が注目されていますが、インフルエンザ治療薬でもある「タミフル」とどこが違うのでしょうか。

 

そこで、「ゾフルーザ」と「タミフル」の違いについて詳しく説明をします。

 

「ゾフルーザ」と「タミフル」の違いとは?

どちらもインフルエンザ治療薬として注目されていますが、「ゾフルーザ」と「タミフル」とはどこが違うのでしょうか。

 

そこで、それぞれの違いについてわかりやすく説明をします。

 

「ゾフルーザ」とは塩野義製薬の錠剤であり、A/B型インフルエンザウイルスのキャップ依存性エンドヌクレアーゼ活性を選択的に阻害し、mRNAの合成を阻害することによってウイルス増殖抑制作用を発揮する薬となっています。

 

現在ではインフルエンザの新薬「ゾフルーザ」が厚生労働省に承認されており、018年シーズンが終わる5月までに薬価が決まり、発売される見通しとなっています。

 

「タミフル」とはA型およびB型のインフルエンザウイルスの増殖を抑制する役割があります。

 

インフルエンザ治療薬として有名であり、万が一の為に取ってあるという家庭も多くあるのです。

 

「ゾフルーザ」は素晴らしい効果がある!?

新しく登場した「ゾフルーザ」ですが、素晴らしい効果がとても多くあるのです。

 

従来のインフルエンザ治療薬は細胞内で増殖したウイルスが外に出るのを妨げる仕組みだったのに対し、「ゾフルーザ」は増殖自体を抑える効果があります。

 

また、ウイルスを倒す人からは100倍も大きく、周囲への感染防止効果がある可能性もあるのです。

 

服用回数は、タミフルが1日2回、5日間服用するのに対し、ゾフルーザは1回だけの為、面倒だと感じてしまう事がないので安心して服用をすることができます。

 

さらに将来の治療に期待が高まる!?

医学の進歩はさらに発展し続けており、インフルエンザ治療薬でより使いやすくなった「ゾフルーザ」が注目されていますが、ゾフルーザは従来の薬と仕組みが違うため、将来、既存の薬と組み合わせて使えるのではないかと期待する声が高まっています。

 

また、非常に重症の患者や新型インフルエンザの発生時など、タミフルなど既存の薬だけでは効果が見込めない場合に、一緒に組み合わせて使うことで高い治療効果が得られる可能性があり、さらに将来の治療に期待が高まっています。

 

まとめ

それぞれ「ゾフルーザ」と「タミフル」の違いについて説明をしましたが、どちらもインフルエンザ治療薬として素晴らしい効果を発揮をしてくれるのですが、将来は一緒に服用をすることができるのではないかと期待する声が高まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました