似ているようだけど違う!?「栄養士」と「管理栄養士」の違い

栄養士、管理栄養士は、どちらも食と栄養のスペシャリストという事は有名ですが、「栄養士」と「管理栄養士」は同じような仕事をしているのではないかと思っている人が多いです。

 

しかし、「栄養士」と「管理栄養士」はそれぞれ主な仕事があり、お互いやるべき事も異なります。

 

そこで、「栄養士」と「管理栄養士」の違いについて徹底的に解説していきます。

 

「栄養士」と「管理栄養士」はどんな仕事?

それぞれ主な仕事がありますが、「栄養士」と「管理栄養士」はどんな仕事を行っているのでしょうか。

 

そこで、「栄養士」と「管理栄養士」の仕事内容について詳しく解説します。

 

「栄養士」は一般的な栄養指導や、集団給食の献立作成や栄養、食事管理、調理方法の改善などの指導を行うのが主な仕事内容となっています。

 

また、市町村などで生活習慣病などに関する栄養相談も行っており、なくてはならない存在でもあります。

 

「管理栄養士」は傷病者に対する療養のためなどの専門的な知識を必要とする栄養指導や、集団給食の管理業務や労務管理、指導を行っています。

 

また、都道府県や保健所を設置している市、特別区において、専門的な栄養指導も行っています。

 

それぞれ役割がしっかりとあるため、同じ仕事をしているというわけではありません。

 

「栄養士」と「管理栄養士」の違いは?

どちらも食と栄養に関してはスペシャリストではありますが、仕事内容の他にもどのような人を対象として仕事を行っているのでしょうか。

 

そこで、「栄養士」と「管理栄養士」の違いについて説明をします。

 

栄養士は主に健康な人を対象として業務を行っていますが、「管理栄養士」は、健康な人だけでなく、傷病者や特別の配慮が必要になる人々に対しても対象として行っています。

 

難易度においてはやはり、「管理栄養士」の方が高度な専門知識を持ち、業務範囲や責任の範囲も広いため、難しいとされています。

 

「栄養士」と「管理栄養士」になるには難しい!?

食に興味があるから「栄養士」と「管理栄養士」になろうと思っても簡単になれるわけではありません。

 

「栄養士」と「管理栄養士」になるには資格取得方法についてしっかりと知っておかなければいけないのです。

 

栄養士は、厚生労働大臣から栄養士養成施設として認められた学校を卒業後、都道府県知事から免許を受けることで資格が取得する事ができます。

 

その一方で、管理栄養士は、国家試験に合格する必要があり、厚生労働大臣から与えられる免許となっています。

 

どちらも簡単に資格を得られるわけではなく、しっかりと勉強をしなければいけないため、本気で目指している人ではないとなかなか資格を取得するのは難しいです。

 

まとめ

とても人気があり、食に関しても深く知ることが出来る「栄養士」と「管理栄養士」という仕事ですが、実際に「栄養士」と「管理栄養士」になるにはとても難しいという事が分かりました。

 

色々な勉強を経て、やっとの思い出「栄養士」と「管理栄養士」になることができるため、普段当たり前の様に食べている食事は実は、きちんと考えられている事が改めて分かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました