どちらの方が良いの?「ラグ」と「カーペット」の違い


敷物の名前にはとても多くの呼び方がありますが、その中でも特に「ラグ」と「カーペット」と呼んでいる人が多いです。

 

実際に「ラグ」と「カーペット」と聞いてサイズや素材で区別することができるという事はとても難しいです。

 

「ラグ」と「カーペット」の違いは一体どこにあるのでしょうか。

 

そこで、「ラグ」と「カーペット」の違いについて解説していきます。

 

「ラグ」と「カーペット」の違いは?


どちらもそれぞれ違う呼び方があるのですが、呼び方が違うだけで中身は一緒なのではないかと思っている人が多いですが、実は「ラグ」と「カーペット」は大きな違いがあります。

 

「ラグ」は部屋の中央に敷く中敷タイプのもののことを呼び、サイズも様々ありますが、一番大きなものが240cm×330cmから、小さいものでは95cm×150cmといった実に様々なサイズが用意されています。

 

ちなみに、約3帖までの大きさまで敷物のことをラグと呼ぶ傾向にあります。

 

「カーペット」は部屋全体に敷詰める敷詰めタイプのものを呼び、絨毯は日本語、カーペットは英語なので、絨毯もカーペットも同じものとなります。

 

「ラグ」と「カーペット」のそれぞれの良さは?


それぞれの違いについて説明をしましたが、「ラグ」と「カーペット」のそれぞれの良さは一体どこにあるのでしょうか。

 

「ラグ」と「カーペット」も床に敷くものですが、「ラグ」は部屋にアクセントを付けたい方、フローリングに座りたくない方にオススメとなっていて、張替えなどは一切面倒ではありません。

 

また、夏冬の気温差で肌触りの違うものへ敷き替えが簡単となっているため、力作業が必要ないため、老若男女簡単に張り替えることができ、値段においてもそんなに高くないのが魅力的となっています。

 

「カーペット」は部屋全体に保温効果を高めたり、ホコリの吸着する効果があります。

 

敷いたカーペットの上に家具を置いたりするため、やはり敷き替え作業が困難だという人も多いですが、しっかりと敷くことによって見た目もとても美しく、床が冷たいということを防ぐことができます。

 

「ラグ」と「カーペット」は通販サイトで購入できる!


どちらもお店に行って購入するとなると、持ち帰るのに一苦労してしまいます。

 

そのため、車を持っていない人にとっては持ち帰ることができなかったり、持ち帰るまでが大変になってしまうため、諦めてしまう人が多いのですが、近年では「ラグ」と「カーペット」は通販サイトでも購入をすることができるようになっている為、持ち運びに関しては悩む必要が一切必要ありません。

 

また、サイズ指定も行うことができるため、自分で必要な分だけ購入をすることができ、購入において失敗をしてしまうリスクを避けることができます。

 

まとめ


寒い冬には「カーペット」、張替えについて悩みたくないという人は「ラグ」を購入するのが良いですよね。

 

この機会に自分にとってどちらの方が利点があるのかを考えて、ぜひ通販サイトでも購入をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました