「ブルーレイ」と「dvd」の違いが一目瞭然!圧縮率が違う?


レンタルショップでブルーレイやdvdを借りた際にどちらの方がより高画質なのか、ブルーレイとdvdだとどう違うのかと疑問に思ったことはありませんか。

 

一見、ブルーレイの方がより高画質なのではないかというイメージがあるかと思いますが、その他にはどういった違いがあるのでしょうか。

 

そこで、ブルーレイとdvdの違いについて詳しく説明をします。

 

そもそもブルーレイディスクとは?


近年、ブルーレイディスクが主流となっていますが、そもそも「ブルーレイディスクとは何か」ときちんと説明をすることができますか?

 

ブルーレイディスクとは、DVDの後継となるよう開発された光ディスクを指す規格の名称であり、ブルーレイディスクはdvdと比較すると、データの記憶容量が約5倍と大きい事が特徴としてあげられ、現在では家庭用ゲーム機においてもDVDメディアに代わってブルーレイメディアが採用されていることでも話題となっています。

 

ブルーレイとdvdではどちらの方が良いのか?

 

一見、ブルーレイディスクの方が高画質なのではないかと思っている人も多いかと思いますが、その他にはブルーレイの特徴は一体なんでしょうか。

 

ブルーレイディスクはDVDよりかなり多くの情報を書き込める為、映像も音声もクリアになり、画素数においても、DVDは720×480に対して、ブルーレイディスクは1920×1080と、圧倒的に大きく異なります。

 

実際、小さな液晶テレビで映画を見た際にはそれほどブルーレイの恩恵は大して受けられないとも言われてはいますが、大画面になればなるほどDVDの画素数だと粗さが目立っていたのに対して、ブルーレイディスクだとより鮮明に見ることが出来るのです。

 

アニメにおいても、その綺麗さは一目瞭然で、ハッキリとブルーレイディスクとdvdの違いが分かります。

意外と知らない保管方法とは?

 

ブルーレイディスクを所有している人の多くが悩む問題として「保管方法」が挙げられるかと思います。

 

一般のdvdの場合は不織布のケースで保存するという人も多いのですが、ブルーレイディスクの場合は保護層がとても薄い為、キズや汚れの影響を受けやすく、不織布のケースで保管をしてしまうと湿気がこもりやすくカビが生える恐れがあります。

 

そのため、ブルーレイ用の不織布ケースで保管をするか、専用のケースが保管をすることが大切です。

まとめ


年々進化を遂げるブルーレイディスクですが、近年ではブルーレイディスクが主流となってきており、逆にdvdがあまり売られていない状況でもあります。

 

まだブルーレイディスクを試していないという方はこの機会にぜひ、圧倒的な音と映像のブルーレイディスクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました