どちらが正しいの?「了解」と「承知」の意味の違い


どちらも「分かりました」という意味で使われるビジネスの言葉で「了解」と「承知」がありますが、多くの人はどのような使い分けで使っているのかご存知ですか。

 

ビジネスシーンにおいて言葉選びというのはとても重要で、間違えてしまうと取引先にも迷惑がかかってしまうので、言葉の意味をしっかりと理解をしておかなければいけません。

 

そこで、「了解」と「承知」の違いについて説明をします。

 

「了解」と「承知」の違いは?

 

どちらも相手の言葉を理解した時に使うセリフですが、「了解」と「承知」の違いはどこでしょうか。

 

そこで、辞書を調べてみた所

 

「了解」は物事の内容や事情を理解して承認すること。さとること。会得すること。また、理解して認めること。

 

「承知」は事情などを知ること。また、知っていること。依頼・要求などを聞き入れること。

 

です。

 

この事から分かるように、それぞれ意味が異なるということがわかります。

 

「了解」は相手からの依頼を聞き入れる場合に使ったり、はっきり理解した上で返事する場合に使います。

 

「承知」は承諾する、謹んで受けるという意味があり、目上の人に対して使う丁寧な表現でもあります。

 

「了解」と「承知」の使い分けは?

 

「了解」と「承知」のそれぞれの意味について分かりましたが、ビジネスにおいて「了解」と「承知」はどのように使い分けをすれば良いのでしょうか。

 

「了解」は同僚、目下の人に使うべき言葉であり、上司、取引先などの目上の人に使うと失礼にあたるので注意が必要です。

 

多くの人が間違って上司に使ってしまっている傾向にありますが、人によっては怒られて、取引停止にもなりかねないので、目上の人に対しては絶対に使ってはいけないのです。

 

「承知」は上司、取引先など目上の人に使うべき言葉であり、年下相手に使ってしまっても、問題はないのですが、違和感が残る言葉でもあります。

 

似たような言葉で「了承しました」がありますが、こちらの場合は部下などの目下の人が適切な相手となるので、一緒になってしまうことがないように注意が必要です。

 

相手によって変えることが大切です!

 

ビジネスにおいて最も大事なことが「臨機応変」です。

 

いくらその言葉の使い方が正しくても、相手によっては不快に感じてしまったり、使って欲しくない言葉というものが存在します。

 

そのため、言葉の意味や使い方が正しくても相手が不快に感じるのであれば、臨機応変に対応をし、使うべき相手にはしっかりと使い、嫌だ、不快だと感じる人には言葉を変えたり、使わないということが大切です。

 

まとめ

 

言葉というのはとても難しく、正しいようでも実は間違っているというがよくあります。

 

ビジネスにおいてよく使う「了解」と「承知」のそれぞれの違いについて説明をしましたが、その他にも似たような言葉がとても多くあるので、しっかりと理解をし、日頃から使い分けについてしっかりと把握し、臨機応変に対応をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました