「暖かい」と「温かい」の意味の違いと使い分け方!


当たり前の様に使っている漢字ですが、正しく使い分けていますか。

 

世の中にはとても多くの漢字があり、同じ言葉でも、漢字が違えば全く違う意味になってしまう事もあります。

 

そこで、今回は同じ言葉でもある「暖かい」と「温かい」の違いについて分かりやすく説明します。

 

暖かいと温かいでは大きく意味が違う!?

どちらも同じ「あたたかい」ですが、それぞれの言葉の意味についてしっかりと把握していますか。

 

この「あたたかい」という言葉ですが、使う用途によっては大きく相手を誤解させてしまうので注意が必要です。

 

「暖かい」の対義語は「寒い」という意味になる通り、暖かいは「今日は暖かい」といった様に全身で感じる、身体の部位で感じる事で区別します。

 

この場合は「気温」で区別することができます。

 

それに対して「温かい」の対義語は「冷たい」という意味になる通り、温かいは「温かいスープ」といった様に指や舌など身体の一部で感じる事で区別します。

 

この場合は「湿度」で区別することができます。

 

暖かいと温かいの使用例は?

暖かいと温かいの違いについてわかった所で、ではどのような場面で使い分ければ良いのかについて分かりやすく使用例として挙げます。

 

暖かいの使用例

 

「部屋がとても暖かい」

「今日は暖かい天気」

「暖かいコート」

「なんだか暖かい色」

「今は懐が暖かい」

 

といった言い方をすることができます。

 

温かいの使用例

 

「美味しくて温かいスープ」

「とても温かい心」

「心温まる話」

「家庭が暖かい」

「遠くから温かく見守る」

 

といった言い方をすることができます。

 

使用例さえ分かってしまえば使うのはとても簡単ですよね。

 

分からない場合は反対語に置き換えれば楽!?

 

あれ、この場合の使い分けはどうすれば良いのだろうか、こっちで合っているのかと疑問に思ってしまったことはありませんか。

 

実は多くの方が一度は体験したことがあるこの漢字の区別の問題ですが、迷ってしまった場合は「反対語に置き換える」事で、区別がしやすくなります。

 

今回の場合では温かいの反対語は冷たい、暖かいの反対語は寒いという様に、反対にして意味を考えてみると、とても分かりやすくなるのです。

 

他の言葉でも「暑い」と「熱い」の反対語を考えてみれば一目瞭然かと思います。

 

まとめ

日本語は漢字がとても多く、同じ言葉でも使いところを間違ってしまうと意味が全く違う事になります。

 

今回は「暖かい」と「温かい」について紹介をさせていただきました。

 

しっかりと使用例を覚えて、いざ使うときがあったら間違わないように注意して使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました