「可動」と「稼動」と「稼働」の意味の違いと使い分け方


パチンコやスロットという一部のジャンル、業界の間において一度は聞いたことがあるという人も多い「可動」と「稼動」と「稼働」ですが、実際に聞いたことがある人の中でもそれぞれどんな意味があるのだろうと疑問に思った人も少なくないです。

 

実際に「可動」と「稼動」と「稼働」の意味について説明をすることが難しいのですが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

そこで、「可動」と「稼動」と「稼働」について説明をします。

 

「可動」と「稼動」と「稼働」の違いとは?

 

それぞれ同じ読み方のため、漢字が違うけれども、同じ意味なのではないかと思ってしまっている人も多いのですが、「可動」と「稼動」と「稼働」の違いとは一体何でしょうか。

 

「可動」とは動かすことができること。動く仕掛けになっていること。という意味があり、「可動式のキャビネット」や「可動式の間仕切り」など、動かすことが可能である場合などに使う傾向にあるのです。

 

「稼動」と「稼働」はどちらも、かせぎはたらくこと。生産に従事することという意味があり、「稼」は稼ぐという意味があり、「収入を得るために働く」「点数や時間などを積み重ねる」といった意味があるのに対して、「動」は動くという意味があり、機械が仕事のために動く」場合に多く使われています。

 

「稼動」と「稼働」はどちらも同じ意味ではありますが、使い分けをせずに一方に統一している場合もあります。

 

「可動」と「稼動」と「稼働」の使い分けは?

 

それぞれの意味の違いについて理解をすることができましたが、実際に「可動」と「稼動」と「稼働」の使い分けはどのようにして行っているのでしょうか。

 

そこで、それぞれの使い分けについて調査をしてみたところ、報道機関においては、「稼働」を使用している傾向にあり、テレビや新聞では「稼動」ではなく、いかなる場合であっても「稼働」を使うことになっています。

 

その他にも行政機関では「稼働」と「稼動」の両方が存在しており、「稼動」は時々「機械」の場合に登場しています。

 

使い方はバラバラとなっており、「稼働」と「稼動」は同じ意味となっているため、どの場面で使っても間違いではないのです。

 

自分に合った漢字を使いましょう!

 

先ほどの説明にもあったとおり、「可動」と「稼動」と「稼働」ではそれぞれ同じような意味が合いがあり、どれを使っても間違いではないのです。

 

そのため、自分に合った漢字を使う必要があります。

 

しかしながら、どれか一つで統一したいという場合にはメディアで「稼働」で統一しているとおり、「稼働」を使う事が良いとされています。

 

まとめ

 

どれも「可動」と「稼動」と「稼働」は同じ読み方ではあるものの、漢字が違うことから、意味も少し違っていることがわかりました。

 

「稼動」と「稼働」においてはどちらを使っても間違いではなく、自分の使いやすい方で使っても一切問題はないので、自分で使いやすい方で使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました