嬉しいのはどれ?「可愛い」と「綺麗」と「美人」の違い


女性の褒め言葉の中でも特に印象を上げるのが「可愛い」と「綺麗」と「美人」です。

 

これらを言われて嬉しくない女性はいないという程の褒め言葉なのですが、「可愛い」と「綺麗」と「美人」のそれぞれの違いは一体何でしょうか。

 

詳しく説明をします。

 

「可愛い」と「綺麗」と「美人」の違いとは?

どれも嬉しい言葉ではありますが、実際に「可愛い」と「綺麗」と「美人」はどう違うのか気になってしまったという人も多いのですが、それぞれどんな意味があるのでしょうか。

 

「可愛い」とは雰囲気が幼い。愛らしい。童顔。パーツが丸い。表情豊か。親しみやすい。愛嬌がある。といった意味があります。

 

「綺麗」とは.肌や髪などが美しい。垢抜けている。手入れが行き届いている。頭身バランスがいい。オーラがある。といった意味があります。

 

「美人」とは顔立ちが整っている。鼻が高い。 目鼻立ちがゴージャス。高嶺の花。近寄り難い。色気がある。誰が見ても美しい。といった意味があります。

 

どれも嬉しい言葉ではありますが、それぞれ意味がハッキリと違うということがわかります。

 

それぞれのイメージとは?

一つ一つ「可愛い」と「綺麗」と「美人」の違いについて説明をしましたが、実際に男性から見た「可愛い」と「綺麗」と「美人」のイメージとは一体何でしょうか。

 

「可愛い」とは小柄で童顔な女性で、愛嬌があり、とにかく素直な性格の女性の事を可愛いというイメージがあります。

 

実際に「可愛い」イメージの共通点として、顔が整っているか否かではなく、愛嬌や素直な性格など、内面を重視している傾向があります。

 

「綺麗」は高身長でスタイル抜群、シンプルなファッションといったイメージがあります。

 

男性にとって綺麗な女性とは、顔立ちがシャープな女性か、また、スタイルがいいかどうかで決まる傾向にあります。

 

「美人」とは文字通り”美しさ”を表す言葉であり、明確な美しさを感じる女性イメージがあります。

 

男性によって「綺麗」は美しさを指すので顔の美しさ以外にもスタイルなどにも注目している傾向にあります。

 

積極的に言われたい言葉でもあります!

女性にとって「可愛い」と「綺麗」と「美人」は言われたい言葉でもあり、積極的に言われたい言葉です。

 

日本人の多くが実際に「可愛い」と「綺麗」と「美人」という機会は少なく、思っていても遠慮してしまったり、恥ずかしがってしまって言わない事が多くあります。

 

しかし、言わないと相手に伝わらず、印象を上げることもできません。

 

相手に対する自分の印象を上げるためにも「可愛い」と「綺麗」と「美人」をしっかりと相手に伝えて、印象をあげる事が大切です。

 

まとめ

女性にとって言われたい言葉である「可愛い」と「綺麗」と「美人」ですが、それぞれの意味の違いについてしっかりと理解ができました。

 

どれも嬉しい言葉ではありますが、それぞれどんな意味があるのかを知っておくと、相手に対する自分の印象をしっかりと知ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました