意外と知らない!?「台風」と「ハリケーン」の違い


日本でも災害をもたらす程身近にある存在と言えば台風ですよね。

 

台風の時期になると台風が多く発生してその被害にが目に付きますが、台風があるのは日本だけではありません。

 

海外では「ハリケーン」と呼ばれていますが、「台風」と「ハリケーン」ではどう違うのでしょうか。

 

そこで「台風」と「ハリケーン」の違いについて説明をします。

 

「台風」と「ハリケーン」の違いは?

どちらも大きな被害をもたらす「台風」と「ハリケーン」ですが、海外のニュースを見た際に「台風」ではなく「ハリケーン」と呼んでいるのを見て驚いてしまったという人も多いです。

 

なぜ、海外では「台風」ではなく「ハリケーン」なのでしょうか。

 

そこで、「台風」と「ハリケーン」の違いについて説明をしますが、

 

台風は東経180度より西の北西太平洋および南シナ海で日本の分類で、ハリケーンは北大西洋、カリブ海、メキシコ湾および西経180度より東の北太平洋東部で熱帯低気圧を指します。

 

東太平洋のハリケーンが東経180度を横切れば台風の発生となるのですが、台風とハリケーンの違いは、その「存在地域」と「風力定義」です。

 

台風は最大風速34ノット以上で、タイフーンは最大風速64ノット以上になります。

 

「台風」と「ハリケーン」ではどちらが強いの?

それぞれの違いについて説明をしますが、実際に「台風」と「ハリケーン」ではどちらの方が強いのでしょうか。

 

一見、「ハリケーン」の方が強いというイメージがありますが、実際は「台風」の強さは3段階となっており、最大風速44m/秒未満が「強い」に認定され、最大風速54m/秒以上になると「猛烈」という表現が使われます。

 

その一方「ハリケーン」強さは5段階となっており、カテゴリー3で強さは5段階で、カテゴリー5になると最大風速70m/秒以上になります。

 

台風とは比較にならない程のタイフーンの影響がとても強いので注意が必要です。

 

素早く対策をすることが大切です!

ニュースで「「台風」が接近中」とあった際に油断をしてしまって何も対策をしないという人がいますが、実際に「台風」と「ハリケーン」がきた場合、大きな被害がもたらします。

 

実際に、「台風」に関しての注意報が出ているのにも関わらず、放置をしてしまぃ、命を落としてしまった人も多くいます。

 

自分の身を守るためにも、大切な人を守るためにもしっかりと常日頃から対策を考えておく必要があります。

 

そして、素早く対策をすることで、それ以上の被害を抑えることができます。

 

まとめ

どちらも緊急物で、上陸したら大変な被害をもたらす「台風」と「ハリケーン」ですが、ニュースで報道された際は速やかに避難をするか対策をすることが大切です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました