「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」の違いそれぞれの利点は?


どれもものを締め付ける為に必要になってくる「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」ですが、家具によっては使い分けたり、それぞれの特徴をしっかりと活かす必要があります。

 

しかし、特徴を知らないとうまく使いこなすことができません。

 

そこで、「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」の違いについて詳しく説明をします。

 

「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」の違いとは?

それぞれ似ているもので、家具によって使い分けなくても十分に使えるのではないかと思ってしまっている人も多いのですが、実際にそれぞれどこが違うのでしょうか。

 

「ネジ」とは螺旋状の溝のある物の総称であり、外側にらせん状の溝が入った雄ねじと内側にらせん状の溝が入った雌ねじに分類されます。

 

「ボルト」とはねじの1つで外側にらせん状の溝が入った雄ねじのことです。

 

「ビス」とは小さな雄ねじ小ねじのことです。

 

「ナット」とはボルトのねじ棒にねじ込んで物を締めつけるのに使う部品のことです。

 

それぞれ形も大きさも違うため、正しく使いこなさないと上手く締め付けることができないので注意が必要です。

 

それぞれ何に使われているのか?

「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」の違いについて一つ一つ説明をしましたが、実際に「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」はどういったモノに使われるのでしょうか。

 

そこで、それぞれの利点を生かした家具を紹介します。

 

「ネジ」は回転させてモノとモノとを結合させるため、縦方向に抜けにくいという利点があるため、水周りや雨風に当たる部分などによく使われている傾向にあります。

 

「ボルト」は通常は8mmよりも大きなネジであり、種類も実に様々あるのですが、建築関係や自動車部品、それから産業機械などに使われることが多いです。

 

「ビス」は締め付ける対象物を頭部の形に合わせて加工することで、モノを固定できるという利点があるため、いろいろな場所で使われているのですが、木材の締結に使われる事が多いです。

 

「ナット」はボルトと1セットで使われる事が多いのですが、こちらも産業界ではよく使用されている傾向にあり、機械などに取り付けて、機械を吊ったりする、吊り具として使われたり、建築関係や自動車部品に使われます。

 

それぞれの利点を上手く使いこなすことで、素晴らしい部品の一つとなるのです。

 

間違って使ってしまうとどうなるの?

どれも同じネジだし、「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」を一緒に使ってしまっても何も問題は無いのではないかと思ってしまっている人も多いのですが、実際に適していないのに使ってしまうとどうなってしまうのでしょうか。

 

そこで、実際に「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」をそれぞれ適した家具ではないのに使ってしまった所、家具が壊れてしまった、安定しなくなったという報告が多く上がっています。

 

また、思わぬトラブルになってしまったり、怪我の原因にもなってしまうので注意が必要です。

 

まとめ

どれも大事な部品の一つなので、それぞれ「ネジ」と「ボルト」と「ビス」と「ナット」の利点や適した使い方をしっかりと理解をしておくことが大切です。

 

その上で、一つ一つ丁寧に仕上げて、素晴らしいモノへと変化させることで、立派な商品となるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました