【介護】「デイケア」と「デイサービス」の違いと料金について


近年では「デイケア」と「デイサービス」が流行しており、どちらもサービスが充実しており、便利だと話題になっています。

 

これから介護サービスを利用をしようと考えている家族で「デイケア」と「デイサービス」のどちらにしようかと悩んでしまっている家庭も多いのですが、そもそもそれぞれの違いは一体何でしょうか。また、料金はどうなのでしょうか。

 

詳しく説明をしていきます。

 

「デイケア」と「デイサービス」の違いは?

どちらも人気で、とても便利な「デイケア」と「デイサービス」ですが、それぞれの違いとは一体何でしょうか。

 

「デイケア」とは自宅から通いにより利用するサービスであるで、デイサービスとは基本的には変わらないですが、サービスの内容は「リハビリ」が中心です。

 

また、リハビリに必要な器具が整備され、理学療法士などによる専門的なリハビリを受けることができるのです。

 

「デイービス」はデイサービスセンターや特別養護老人ホーム等の福祉施設に日帰りで通う事で、食事やご入浴、レクリエーションといった様々な介護サービスを受けられます。

 

どちらも便利ではありますが、より充実した施設や「入浴したい」「交流がしたい」という人はデイサービスがおすすめです。

 

「デイケア」と「デイサービス」の料金は?

それぞれ料金によっては施設によって異なるのですが、一般的な平均の料金は一体いくらなのでしょうか。

 

「デイケア」は施設の規模、要介護度と利用した時間によって変わってきますが、より利用時間が細分化されており基本利用料金が細かく設定されている傾向にあり、1,022円単位で変わってきます。

 

「デイサービス」の利用料金施設の規模、利用時間、利用者の要介護度によって変わってくるのですが、平均は780円単位になってきます。

 

それぞれ比較してみるとやはり、デイケの方が充実している分、高くなっている傾向があります。

 

どちらも体験ができます!

初めて「デイケア」と「デイサービス」を利用をする、将来的に興味はあるけれど、どういった場所なのかが分からないという人はお試し体験をすることをおすすめします。

 

お試し体験では、施設がどういった場所なのか、どんなサービスがあるのかを体験することができるようになっており、直接本人が体験できるようになっているため、すぐに契約をしてしまう前にまずは、体験をしてみて自分で感じてみることが大切です。

 

そして、体験をし終わったらそこで別の施設を検討してみるのもよし、そのまま契約をしてもよしなので安心できます。

 

まとめ

とても重要で、施設事に異なるため、「デイケア」と「デイサービス」の違いや施設の場所やルールをしっかりと確認をしておくことが大切です。

 

施設によっては大きく内容も異なる場合があるため、しっかりと体験をしたり話を聞いて理解をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました