知る事で報われる!?「面談」と「面接」の違い


就職活動の際に企業に応募をした際に必ずと言って良いほどまずは「面談」か「面接」があるかと思います。

 

この「面談」と「面接」はとても重要なもので、これで合否を決めているという会社がとても多くあります。

 

そんな大事な「面談」と「面接」ですが、似ている名前ではありますが、違いがどこにあるのか、それぞれどんな意味があるのかご存知でしょうか。

 

意外にも知らないという人も多い「面談」と「面接」問題ですが、どこが違うのか説明をします。

 

「面談」と「面接」のそれぞれの意味とは?

 

 

名前が似ている「面談」と「面接」ですが、名前が似ているだけで実際には同じものなのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

実際に、あまり気にしないという人もいますが、「面談」と「面接」ではそれぞれどんな意味があるのでしょうか。

 

「面談」とは面談には『面会して直接話をする』という意味です。

 

面談は、企業から採用候補者に直接声をかける『ダイレクト・リクルーティング』や『リファラル採用』などの採用戦略のプロセスの一つとして組み込まれていますが、成功率や効果を高めるための施策として活用されている事が多いです。

 

面談という概念が曖昧ではありますが、この曖昧であり自由度が高いからこそ、それぞれ異なる性質を持った複数の環境を構築することが可能にしてくれます。

 

「面接」とは面接とは、基本的には企業側が応募者を選別する選考一つとなっています。

 

基本的に企業側の質問に応募者は答えていく必要があり、形式としては個人面接、集団面接などです。

 

多くの人がこの「面接」を体験したことがあるのではないでしょうか。

 

「面談」と「面接」のそれぞれの違いとは?


 

それぞれ名前が似ていますが、「面談」と「面接」の違いはどこにあるのでしょうか。

 

そこで、「面談」と「面接」の違い点について詳しく解説しますが、「面談」は実施目的が企業と候補者の双方理解を深めるのに対し、「面接」は候補者が自社とマッチするか見定める目的があります。

 

実施内容に関しては「面談」が候補者を理解し、自社の魅力を伝えるのに対し、「面接」は採用要件との合致度を確認です。

 

どちらも大きく異なり、それぞれによって準備の仕方なども変わってくるのではないでしょうか。

 

面談は一方的にならず候補者目線で話しますが、面接の場合は見定めている為、面接の方が緊張をするという人も多いです。

 

種類が豊富となっている!?

 

 

就職活動をするにあたって、応募した先がどのようなやり方で採用を決めているのかはわからなかったり、異なったりします。

 

その為、本番まで緊張をしてしまうという人も多いのですが、実は「面談」と「面接」の他にもいろいろなやり方で採用を決めているというところが多くあります。

 

そこで、一部のやり方についてご説明をしますが、面談の種類はとても多く、カジュアル面談、リクルーター面談、内定面談、社内面談があります。

 

どちらもまずは相手と会うことから始まりますが、中には全く異なるやり方で採用をしているというやり方もあるので、しっかりと見定める必要があります。

 

まとめ

 


 

就職活動においてとても多くのやり方で企業が応募者を採用していることがわかりましたが、主に行っている「面談」と「面接」に関しても手を抜いてしまうのではなく、自分で最善のやり方で行うことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました