知れば美味しくなる「焼き飯」と「チャーハン」の違い


チャーハンは中国料理が日本に伝わった料理だということはなんとなく想像をすることができますが、焼き飯は元々日本にあったものなのではないかと疑問に思ったことはありませんか。

 

とても似ていて、味も近いことから、お店によって「焼き飯」と「チャーハン」を使い分けているのではないかと思う人もいるかと思いますが、実際はどうなのでしょうか。

 

そこで、「焼き飯」と「チャーハン」の違いについて解説していきます。

 

「焼き飯」と「チャーハン」のそれぞれの違いとは?

 

 

「焼き飯」も「チャーハン」もどちらも似ていて、結局は名前こそ違うものの、同じ食べ物ではないのかと疑問に思ったことはありませんか。

 

実際に、気になったという人もいるかと思いますが「チャーハン」はご飯と卵、冷蔵庫に残っている具材などで手軽に作れる料理となっていますが、その一方でチャーハンとは、チャーハンと具材は同じで、主に関西圏で親しまれているが「焼き飯」となっています。

 

場所によっては呼び方が異なる!?

 

 

多くの人が気になったことがあるという人もいるかと思いますが、お店によっては「焼き飯」と「チャーハン」はバラバラに覚えていたり、ちょっとでも伝わらなかったら相手にお店を追い出されてしまいます。

 

ただし、呼び方が異なるということですが、仕方ないにしても、歳上や年配の肩に向けて敬語を使わない事に対して、ストレスが溜まるという人もいるのではないでしょうか。

 

場所によっては呼び方が異なるため、事前にしっかりと相手に伝えておく必要があります。

 

実際に呼び方が変わった理由は東日本では焼きおにぎりのことを指おり。東日本では「焼き飯」と呼ぶと、焼いたおにぎりと混同が生じるため、炒めたご飯をチャーハンと呼んで区別するようになっていきました。

 

お店によってはチャーハンの伝え方も大きく異なります。

 

どちらも同じだから安心!?

 

 

「焼き飯」も「チャーハン」もどちらも同じ味付となっているため、安心して食べることができるようになっています。

 

また、「焼き飯」も「チャーハン」もお店によっては名前が異なって提供されたりとするのですが、どちらにおいても美味しく食べることができ、しっかりと食べることによっては生き延びることもできます。

 

まとめ

 

 

「焼き飯」も「チャーハン」の違いについて分かったのではないでしょうか。

 

最初は「焼き飯」も「チャーハン」も同じモノなのではないのか、簡単に作れると思っている人も多いかと思いますが、実際には怖いノルマなんて存在しません。

 

あるとするならば、女性が目の前に座っているだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました