「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」の違いとお得な使い方


楽天市場で買い物をしたり、楽天カードで支払いをする時に必要になってくる「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」ですが、実際に使っていて「どう違うのか?」、と疑問になった事はありませんか。

 

これから使いたい、登録したいという人もいるかと思います。

 

そこで、改めて「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」の違いについて詳しく解説していきます。

 

そもそも「楽天ポイント」とは何か?

 


 

「楽天ポイント」と聞いてあまりピンと来ない人もいるかと思います。

 

そもそも「楽天ポイント」とは一体何かについて詳しく説明をします。

 

「楽天ポイント」とは楽天市場で買い物をしたり、楽天カードで支払いをすると獲得可能な楽天スーパーポイントの事です。

 

貯まる!、使える!、交換できる!という便利なポイントサービスとなっており、貯まったポイントは、1ポイント1円分として、楽天のさまざまなサービスで利用することができるようになっています。

 

実際に、楽天以外のサイトでも使ったり、街のお店でも使うことができたりととても便利なポイントサービスとなっています。

 

その他にも会員プログラムでポイントをもっと貯める事もできるようになっていて、毎日という程この「楽天ポイント」を使っているという人も中にはいます。

 

「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」とは何か?

 

 

「楽天ポイント」の他にも「楽天スーパーポイント」があり、同じ様な名前となっていて、ごっちゃになってしまったという人もいるのではないでしょうか。

 

そんな「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」ですが、どういった違いがあるのでしょうか。

 

そこで、「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」のちがについて説明をしますが、

 

実は現在楽天スーパーポイントの表記がなくなっている事が分かります。

 

なぜかというと、「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」は同じものであり、正式名称が楽天スーパーポイントなだけです。

 

現在では楽天スーパーポイントのロゴが変更となり、「SUPER」がなくなり「POINT」のみとなっていますが、以前より「スーパーは不要だった」という声が多数上がっていたのです。

 

その為、名称が正式に「楽天ポイント」に変更になったとしても誰も困らないのです。

 

安心してこのまま使い続けができます!

 

「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」は名前こそ似ているものの、実際は全く異なるものだと思っていた人も多かったのではないでしょうか。

 

しかし、実際にはどちらも同じモノの為、安心してこれからも使い続けることができます。

 

実際に、「楽天スーパーポイント」よりも「楽天ポイント」の方が、消費者としてはわかりやすく、むしろ楽天スーパーポイントと楽天ポイントの違いは何かと疑問に思っていた人も多かったので、そういった混乱を与えてしまっていた状況を解消できるという意味では、名前を変えて正解であるということがわかります。

 

まとめ

 

 

とても便利で使いやすい「楽天ポイント」ですが、楽天スーパーポイントから「楽天ポイント」に名前が変更になった事で、より分かりやすく、使い続けることが出来ると注目が高まっています。

 

「楽天ポイント」はとても便利なモノとなっているため、まだ登録していないという人はこの機会にぜひ「楽天ポイント」を登録してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました