これでマニアになれる!?「のぞみ」と「ひかり」の違いと乗り方


マニアにとっては当たり前の様に違いが分かる「のぞみ」と「ひかり」ですが、一般人から見て、「のぞみ」と「ひかり」の違いが分からないという人もいれば、これから新幹線について勉強をしたいという人も「のぞみ」と「ひかり」について気になっているのではないでしょうか。

 

どちらもフォルムが素敵で、写真映えするのですが、「のぞみ」と「ひかり」の違いは一体どこなのでしょうか。

 

マニアになりたいという人の為にも「のぞみ」と「ひかり」の違いについて分かりやすく解説します。

 

「のぞみ」と「ひかり」の主な違いとは?

 

フォルムはとても美しいですが、一見「のぞみ」と「ひかり」は見た目では判断が難しいという人もいるのではないでしょうか。

 

実際に、毎日通勤をしていても「のぞみ」と「ひかり」の違いについて分からないという人も多くいるのですが、「のぞみ」と「ひかり」の違いは一体どこなのでしょうか。

 

そこで、「のぞみ」と「ひかり」の違いについて調査をしてみたところ、とても多くの違いが見つかりました。

 

  • 停車駅の違い
  • 料金の違い
  • 所要時間の違い
  • 用途の違い

 

です。

 

どれも全く異なるのですが、停車駅に関しては停車駅の一番少ないのぞみが最速、次いでひかりとなっています。

 

また、値段においてものぞみの指定席特急券の料金がひかりとなっていたり、繁忙期によっては値段が変わったりします。

 

これだけでも十分に違いが分かったのではないでしょうか。

 

「のぞみ」と「ひかり」はいつ開業したの?

 

 

どちらも速く移動をすることが出来るのですが、そもそも「のぞみ」と「ひかり」ではどちらの方が早く開業したのでしょうか。

 

そこで、「のぞみ」と「ひかり」の歴史について調べてみた所、のぞみの開業が1992年で、ひかりの開業が1964年です。

 

このことから見ても東海道山陽新幹線で1番速い「のぞみ」が早い段階で開業した事がわかります。

 

実際に東京~新大阪、または新大阪~博多、どちらも所要時間は2時間30分程で到着するため、時間に関して特に気にすることなく安心して乗ることができます。

 

「のぞみ」と「ひかり」も乗ってみたい!

 

どちらも早く到着し、乗り心地もとても良いことから、積極的に「のぞみ」と「ひかり」に乗っているという人が多いです。

 

また、料金に関しても比較的に安い値段で抑えることが出来るようになっているため、不安に思ってしまう必要も一切ないのです。

 

「のぞみ」と「ひかり」は見た目のフォルムも素晴らしく、美しいと評判が高いため、「のぞみ」と「ひかり」を撮りたいという人は実際に駅のホームで撮ることも出来るようになっているため、「のぞみ」と「ひかり」のマニアの方や興味が出てきた人は1枚撮ってみるのも良いですね。

 

まとめ

 

 

とても人気が高く、今もなお愛されている「のぞみ」と「ひかり」ですが、それぞれの違いについてハッキリと分かったのではないでしょうか。

 

乗り心地もよく、早い時間で到着するため、まだ乗ったことがないという人はぜひこの機会に「のぞみ」と「ひかり」に乗ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました