「ブイヨン」と「コンソメ」の作り方と味の違い。使い分けが重要!?


料理を作る上で調味料というものはとても大事なのですが、その中でも特に毎日という程料理に使うという人もいる「ブイヨン」と「コンソメ」は特に必要ですよね。

 

「ブイヨン」と「コンソメ」があれば味にコクがでるのですが、そもそも「ブイヨン」と「コンソメ」はどう違うのか知っていますか?

 

そこで、「ブイヨン」と「コンソメ」の違いについて詳しく解説していきます!

 

「ブイヨン」と「コンソメ」のそれぞれの特徴とは?


そもそも、「ブイヨン」と「コンソメ」とは、名前からしてイメージすることができないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、それぞれの特徴について説明をします。

 

「ブイヨン」は肉、魚、野菜と香味野菜を長時間煮込んだもので、「出汁」という意味です。

 

本来は調味料を加える前の状態を言いますが、スープの基本となるもので、「スープストック」とも呼ばれています。

 

「コンソメ」はブイヨンをベースに調味料を加えて煮込んだものの事を言います。

 

フランスでは「完成された」という意味があり、「透き通り、そのまま飲むことのできる美しいスープ」という事です。

 

つまり、「ブイヨン」は「出汁」、「コンソメ」とは「完成された」という意味です。

 

どちらも似たようなモノだと思っていた人もいるかと思いますが実際は大きく違うということがわかったのではないでしょうか。

 

「ブイヨン」と「コンソメ」の使い分けとは?

それぞれ料理が使うものではありますが、「ブイヨン」と「コンソメ」の使い分けとはどのように行えば良いのでしょうか。

 

そこで、「ブイヨン」と「コンソメ」の使い分けについて紹介をしますが、

 

「ブイヨン」は出汁なので、水に溶かして具材を煮込んだ後に調味料で味付けをしなければいけません。

 

そのため、隠し味として使えるのですが、現在販売されているブイヨンには、塩分が加えられているものも多くあるため、コンソメと似たような用途にはなるものの、コクを出したり、味付にもすることができます。

 

「コンソメ」は味として完成されているため、水に溶かし具材と煮込むだけで、美味しいスープにすることができます。

 

現在ではとても多くの「コンソメ」の種類が販売されているため、固形や顆粒タイプのものもあります。

 

「ブイヨン」と「コンソメ」をストックしておきましょう!

 

 

料理を作る上で「ブイヨン」と「コンソメ」はとても大事なもので、気が付けば無くなっているという事もよくある話です。

 

そのため、「ブイヨン」と「コンソメ」に関しては常備ストックしておくと良いとされており、無いと不便が生じてしまったり、普段とは違う味付になってしまうため、無くならないように「ブイヨン」と「コンソメ」は常に気を使ってあげる必要があります。

 

「ブイヨン」と「コンソメ」の値段に関しても様々ありますが、そこまで高い値段ではないため、ストックしておけば良いですね。

 

まとめ

 

料理を作る上でとても大事な「ブイヨン」と「コンソメ」ですが、それぞれの違いについてしっかりと理解をすることができたのではないでしょうか。

 

「ブイヨン」と「コンソメ」はどちらも大事なものでもあるので、常に買っておいて、無くならないようにしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました