電子マネー「パスモ」と「スイカ」の違いと使い分け方


普段通勤や電車に乗る際に多くの人が利用をしている「パスモ」と「スイカ」ですが、どちらも便利で、簡単にチャージをすることができるため、難しいやり方が一切ないため、老若男女問わず誰でも安心して利用をすることができます。

 

しかし、「パスモ」と「スイカ」という二つの電子マネーが存在していて、どちらの方がよいのか、それぞれの違いはどこにあるのかと気になったことはありませんか。

 

そこで、「パスモ」と「スイカ」の違いについて説明をします。

 

「パスモ」と「スイカ」の違いとは?


どちらもとても便利で、使い勝手が良いのですが、「パスモ」と「スイカ」は名前が違うため、何が違うのか、どういう使い方が出来るのかと気になったことがあるという人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、「パスモ」と「スイカ」の違いについて説明をしますが、実は「パスモ」と「スイカ」の違いには発行会社が異なるくらいなのです。

 

「スイカ」はJR東日本(東日本旅客鉄道)が発行&管理

 

「パスモ」は東京メトロや小田急電鉄、京急電鉄などの鉄道11事業者、バス19事業者が中心になって発行&管理(株式会社パスモが発行&管理)

 

となっております。

 

そのため、「スイカ」を持っている人であれば東京都内の私鉄各社が利用可能となっており、「パスモ」を持っている人はJR東日本にそのまま乗車可能となっています。

 

「パスモ」と「スイカ」はどちらの方が使い勝手が良い?


「パスモ」と「スイカ」はそれぞれ会社が違うものの、他に違う点がないという説明をしましたが、その他にも使い勝手が異なる点があるので注意が必要です。

 

「パスモ」は払戻手数料が不要となっていて、「スイカ」の場合は一旦入金をしてしまった金額を現金に戻そうとするとどうしても手数料がかかるのですが、「パスモ」もの場合は一切必要ないので安心して使うことができます。

 

しかし、知名度から言えばやはり「スイカ」の方が人気となっていて、見た目もカッコイイ点から、少し不便とはいえ、「パスモ」よりも「スイカ」を使っているという人が多いのです。

 

現金より電子マネーがお得です!


現在ではとても多くの人が「パスモ」と「スイカ」を利用していて、簡単にチャージをする事ができるだけではなく、「パスモ」と「スイカ」で買い物をすることができたりと、いろいろな使い勝手があります。

 

そのため、電車だけではなく、カフェやお店で安心して利用をすることができる点から言えば、やはり現金よりも電子マネーの方がお得なのではないでしょうか。

 

まだ、「パスモ」と「スイカ」を使っていない、電子マネーに抵抗があるという人はこの機会にぜひ「パスモ」と「スイカ」を利用をしてみてはいかがでしょうか。

 

「パスモ」と「スイカ」はチャージした金額でしか使えないため、借金をしてしまうというリスクが一切ないので安心して利用をすることができます。

 

まとめ


とても便利で使い勝手が良い「パスモ」と「スイカ」ですが、若干の違う点や使い勝手が異なることがわかったのではないでしょうか。

 

とても便利だからこそ、これからも積極的に使っていきたいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました