似ているけれど違う!?「バーボン」と「ウイスキー」の違い


お洒落なバーなどでよく提供される「バーボン」と「ウイスキー」ですが、どちらも同じウイスキーという事で飲みやすく、人気高いお酒となっていますが、「バーボン」と「ウイスキー」の違いについてしっかりと説明をすることができますか。

 

毎日お仕事帰りに呑んでいるという人もいれば、家庭で嗜んでいるという人もいるかと思いますが、そんな人気の「バーボン」と「ウイスキー」ですが、違いについて知っておくと、より深く楽しむことができます。

 

そこで、「バーボン」と「ウイスキー」のそれぞれの違いについて詳しく解説していきます。

 

「バーボン」と「ウイスキー」はどこが違うの?

 

 

「バーボン」と「ウイスキー」はどちらも同じウイスキーであり、お酒なのですが、見た目は似ているため、味も同じなのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

確かに、「バーボン」と「ウイスキー」は似ているのですが、それぞれ特徴があります。

 

「バーボン」はアメリカで作られた原料の半分以上がトウモロコシで作られており、世界5大ウイスキーの1つとも称されています。

 

「バーボン」は新樽の使用が必須など細かい条件があったりと、とても厳しい環境にありますが、アメリカのケンタッキー州を中心に製造工場があったりと、こだわられています。

 

「ウイスキー」はウイスキーは、原料となる穀物を発酵させ、蒸留した後に木樽で熟成させたもので、代表的な原料となる穀物は、大麦や小麦、ライ麦、トウモロコシなどとても多くのあります。

 

ちなみに、ウイスキーは蒸留酒のカテゴリーに入るのですが、「バーボン」もウイスキーというカテゴリーに入っています。

 

「バーボン」と「ウイスキー」の味は?

 

 

ウイスキーにおいてはとても多くの種類があり、実際に自分で飲んでみて、どう思ったのか自分に合っているのかをテイストしていくことが大切になってきます。

 

すぐには自分好みの味を見つけることができなくても、根気よく見つけていくことが大切で、毎日違う種類を試しているという人も中にはいます。

 

そして、「バーボン」の味については荒々しいアルコール感と甘いバニラの香りとも言われていて、熟成は大抵オーク樽によって行われているため、鮮度もしっかりと保っています。

 

香りが大好きだという人もとても多くいます。

 

自分の好みを見つけましょう!

 

 

先ほどの説明の中でも自分好みの味を見つけることが大切だと説明をしましたが、そうは言ってもなかなか自分好みの味を見つけるのが困難だという人も多くいます。

 

そういう場合は無理して多くのウイスキーを購入するのではなく、バーに行ってみて自分に合ったウイスキーはどれなのかを聞いてみるのも一つの手です。

 

バーのマスターに聞くと、自分には何が合っているのか、何がおすすめなのかを教えてくれるので、とても勉強になります。

 

まとめ

 

 

今まで

「バーボン」と「ウイスキー」の違いについて知らなかったという人も多かったのではないでしょうか。

 

実際にすっきりとした飲みやすさとなっていますが、まだまだ自分に合わないという人はぜひ、マスターに聞いてみたり、自分で飲み比べをしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました